食べ物には一番気をつかっています

食べ物には一番気をつかっています

若いころは特に何も気にかけていませんでしたが、加齢と共に、肌や体に気をつけるようになりました。
食べたものから体が作られるという事で、食べ物には一番気をつかっています。

空腹時に炭水化物を一番に摂ってしまうと、血糖値が急激に上がり、体に良くないと効いたので、毎食必ずサラダなどの野菜類を食べ、次にたんぱく質、最後に炭水化物を食べるようにしています。間食は出来るだけ摂らないように心がけ、デザートは夕食後に食べています。

朝起きてから、一番に取るものは体にまっすぐ吸収されそうなので、冬場は白湯を飲み、夏はミネラルウォーターで水分補給してから昼食を食べています。
食べ物の他に気を使っているのは、睡眠時間です。10時から2時の間は睡眠をとったほうが良いと聞くので、12時頃には寝るようにし、寝不足にならないよう、十分に睡眠をとっています。

肌のお手入れに関しては、出来るだけ日焼けをしない事、日光に長時間あたった日は、ホワイトニングの美容液やマスクを使用し、肌に影響が現れないようにしています。
夜は疲れていてもお風呂に入り、クレンジングは必ず落として就寝します。湯船につかった方が翌日の疲労感が和らぐのと、血行が良くなり、体が活性化されたような気がします。

こういったことを数年続けていますが、初対面の人に10歳くらい若く見られることがよくあります。