日別: 2018年8月21日

嫌いな体臭に順位を付けてみたら

あたしの大嫌いな「体臭」に順位をつけてみました。

先ず3位は生乾きの洗濯物の匂いです。
兎にも角にも嫌いでどうしてこんなに強烈なのか気になって仕方ありません。
部屋干し臭がしたらすぐさま再び晴天の日に洗濯用柔軟剤の量を増やして洗浄します。

とは言え、6月くらいになると雨の日が多く部屋干しになってしまがちになるのが問題です。
この頃は生乾き臭を防止する衣類用洗剤などがたくさん開発されているので、こういった商品を検討していきたいと思っています。

第二位は、「わきが臭」。
よくある事ですがやはりワキガの人本人は分かっていないのが本当に困ります。
友達であればこれを伝えた方がいいのか悩みますね。
これはどうしようもないですが距離をとることがニオイを感じない唯一の方法かもしれません。

ワースト1位は、「汗臭」です。
これはわたしのも気になりますが他人の汗臭も本当に臭く感じます。
暑い季節に出やすいこの悪臭。

しょうがないですがやっぱり自力でやれる対策はたくさんありますので汗が出たらタオルで拭くだとかシャツを交換するなどしてほしいですね。
汗のニオイの上から匂いものをかけてもより一層臭くなるだけですから。

あなたは自身の臭いについて気になったことがありますか?私は恥ずかしながら自分自身の足のニオイが気になってしょうがないです。
最も足の匂いがきになるのが、仕事が終わったあと、みんなで飲みに行って、飲食店の座敷に座る事があったとき、靴を脱ぐ瞬間に足の臭い匂いが、漂ってしまい周囲にばれないかと気になってしまいます。

じゃあ何で足から臭い匂いがするのでしょう。その原因は多数あります。

同じ靴を長時間履いていいたために熱気がこもってしまう。
通気性の悪い素材が使われている。
靴が自分のサイズに合っていない。
などなどクツに支障がある事もあるのです。

あとはくつした。
タイツなど通気性吸湿性の悪い靴下を履いていた場合や、足に汗をかいた状態でソックスをはく。
汗をかいたのに、同じソックスを履いて替えていないとかです。
クツやソックスのほかにも足が何かしらの病気などの時は、足をきちんと洗浄できていない、湿度や気温が高い時など汗が出るような状態である。
など原因は様々あるみたいです。

なのでそうした足の臭いの対策としては、靴を丁寧に洗う、湿気を取れるようにお天気がいい日にはクツを天日に干す、自身の足に合ったものを用意する。
などなど、自分だけでなく周りの人の気分を害さないように対策していく事が大事だと思います。

ここの所仕事上でいつものようにお目にかかる40代の男性がいるのです。
悪い人ではないのですが、非常に、臭いんです。
しかも、汗や皮脂、ワキガに足のニオイ。

強烈なんです。
だけど毎日臭っているわけではないのです。
きっと、「お風呂でカラダを洗った日」はにおわなくて、そうでない日が続いて臭いが溜まっていると思うのです。
くしゃみが止まらなくなってしまうほどのニオイを放っていますが、直接言うことはできないので、耐え忍んでいます。

綺麗にできていないのなら、臭ってしまうのも仕方ないです。
だけど汚れをおとして欲しいなんて事は言えるはずもなく・・・。
その人は、年齢が上なのです。

でも、そんな男性を見ているうちに、「私にもニオイってあるのだろうか」と心配になったのです。
その男の人は自分自身が匂う事を分かっていないと思います。
もしかしたら、自分も自身で気が付いていないだけで、「周りにニオイで迷惑をかけていたらどうしよう」と思ってしまいます。
におったりしないように気を付けていますが、クサくないことを願っています。とても気になります。

チェック⇒レデオス 口コミ

ひょっとして「体臭」があるためにそばの人が反応するのではないかと思うこともある近ごろのあたし。
それゆえに、着々と快適な匂いとか体のニオイを発さない為にどうすれば良いのか模索中です。
大抵は「香水」を使用すればどうにかなるだろうと推測しています。
(どれがどのくらい効くのかよく分かってないのでまだまだ勉強中です!)

でも経験談として「香水」と「アセ」が掛け合わされ反って酷いニオイになると言われたこともあります。
持続性のある女性らしい匂いで手堅く「臭くない私」を演出し始めました。
キチンとした格好が基本の勤め先なら着る度にクリーニング店に出す事も無理なので脱衣時にソフランなど柔軟剤をふりかけて香りキープするのも悪くなさそうです。

人の「ニオイ」って体臭とは言うけど服とかの臭いも大きく関わっていますよね。
汚くなったら洗浄することが重要です。
出来ない時は衣服にも柔軟剤をふりかけて染み込んだ匂いをリセットする事が肝心です。

これからの季節はアセも出やすくデオドラント剤が必要不可欠です。
更には脇汗パッドとかボディシートなど用意して嫌な臭いを発さない女性になりたいです。
身にまとう「香り」はその人の第一印象にもなるというイメージもある重要なところなので、この先ステキな女性を目指すなら「香り」も気をつけないとですね。