Our Blog

毎日1時間のジョギングと食事へのこだわり

30代を過ぎると、女性も男性も、見た目は若く気をつけていても、ぽっちゃりしているだけで、一気におばさんぽくに見えてしまいます。

その為にも、私はとにかくスタイルの維持を一番に気をつけています。毎朝、5時に起きて、家の近くの公園で1時間のジョギングをします。
雨が降っているときは、ランニングマシーンで1時間走ります。とにかく毎日1時間のジョギングは平日でも休日でも関係なく、欠かさずにやっています。

睡眠については、お肌は深夜に作られるということからなるべく夜は10時には寝るようにこころがけています。

そして毎日の食事で気をつけることは、3食のうちの1食は必ず大量のサラダを食べることです。食物繊維とビタミンCの多いサツマイモもほぼ毎日食べます。
夕食は、なるべく油ものはさけて、和食にし、お豆腐、納豆はなるべく毎日とるようにしています。

寝る前には1時間、半身浴をしてしっかりと汗をかき、新陳代謝をよくして、お肌の老化を防ぎます。
これらを毎日続けることで、若さを保っています。

美人への第一歩!まずはココロから輝く女性に

いつの時代も女性は、美に対する意識が高いものです。
食べ物や睡眠に気を付け、化粧品、メイク、ヘアスタイル…
気を付けることがたくさんありすぎて、疲れてしまうこともありませんか。

美容に対して一番効果があるのは、実は、「心の中から輝くこと」なのです。
例えば、恋をしている女性は綺麗ではありませんか?
仕事を頑張っている女性、美しくないでしょうか?

精神的に安定している、幸福状態にある人は、見た目も綺麗に見えます。
「ストレスを溜めないこと」と近いかもしれません。

「美」というのは、「肌が綺麗」「メイクがお洒落になった」などという、言葉で説明できるものばかりではありません。
内面から輝いている場合、説明できない「オーラ」があります。

綺麗になりたいと思ったら、まずは自分が輝ける場所を探してみて下さい。
恋をするのも勿論良いでしょう。

また、恋や仕事、趣味など、頑張っている人は無意識のうちに体調管理にも気を付けるようになりますし、メイクやヘアスタイルも洗練されます。

美容のための努力はもちろん必要です。
が、あれこれ試してストレスになってしまっては本末転倒です。
まずは精神的な余裕を手に入れること。
これが美人への第一歩です。

ほうれい線対策

いつもチャチャっと顔を洗って化粧水など鏡を見ずにつけていたのですがしっかりと鏡を見て驚きました。ほうれい線ができていたのです。意外と気が付かなかった自分の顔ですが確実に肌がたるんできているのでした。

ほうれい線を対処するべくクリームなどはないかとあれこれ使ってはみたのですが即効性があるものはなかなか見つけられませんでした。エイジングケアの物は高価なものが多く即効性が期待できないのであれば自分で何とかするしかない。

ほうれい線に効く顔の体操を始めることにしました。「ま・い・う」と大きな口で言うと頬が上がってくるとあったのでこれだったら簡単に出来ると思いやってみることにしました。車の運転をしながらま・い・う、TVをみながらま・い・うこれだったらお金もかからないので続けらえそうです。

毎日続けていま1ケ月ほど経ちます。少しほうれい線が薄くなってきたように感じます。少しでも効果が出るとがぜんやる気が湧いてきます。ほうれい線が消える日を夢見てがんばっています。

肌や髪のケアに気を遣っています

髪や肌の日頃のケアが大切だということが、年齢が上がるにつれて感じるようになりました。
髪は昔はロングヘアにしていたこともあったのですが、最近はボブスタイルにして、美容院へ行く間隔をあまり空けないように通うようにしています。
ボブの場合には伸びていくとスタイルが決まりにくくなってくるため、定期的に行く必要があるということもあるのですが、伸びてしまった部分や傷んでいる部分などをカットしてスタイルを整えてもらうことで、健康的でつやのある髪や地肌をキープできるのだと感じています。

肌は、早寝早起きをベースに、睡眠時間は7時間程度は確保するようにして、夜更かしはなるべく避けるようにしています。
規則正しい生活を送っていると、肌の調子も良く、メイクの時にクマやくすみなどが気になることが少ないので、習慣にしています。

体内に老廃物を溜めないよう、週に1日は食事の量を普段の量の半分以下におさめるようにして、胃腸を休ませ、老廃物の排出を促すようにしています。
スムージーやデトックスのドリンクなどは積極的に摂るようにしており、特にスムージーは繊維も豊富でおなかも満足しやすいので、1リットルほど朝につくり、1日かけて少しづつ飲むことが多いです。

あわせて、リンパマッサージやストレッチなども行い、リンパや血流の流れを促進することで、透明感やハリのある肌になるよう努めています。

当たり前のことが一番大切

出産後、毎日バタバタ過ごしていると、美容に気を使うことを忘れていた。
というより、余裕がない。

ある日鏡をみたら、
シシシワがっ!!!!たくさん増えてる!!
おまけに、たるみもひどい。

どうしよ~。
すぐに美顔器、朝晩のパック、基礎化粧も時間をかけて
やったりと努力したけれど、効果なし。

お金をかけるしかないな。。。
なんて思っていた。

子育ての疲れがたまったので、
久々に実家に帰ってダラダラ10日間すごして、
そして、また家に帰った。

旦那「あれっ?どうしたの??何かした?」
私「何が?」
旦那「顔が違う。ハリがあるし、シワが前よりなくなってる!」

びっくりして、鏡をみた。

たしかに~!!肌のハリがっ!!!戻ってる。

でも、正直何もしてない。
基礎化粧も適当に、ダラダラ過ごしただけ。
違うと言えば、

たくさん寝た!!!

そう、睡眠をたくさんとったからだ。

化粧品も大切だけど、
なにより大切なのは、毎日しっかり寝ること。
今も子育て中で、なかなか思うように寝れないけど。
睡眠をとるだけで、肌が生き返る。

だから、当たり前のことを、
まずやらないと、
どんなに化粧品にお金をかけても
綺麗にならないんだって気が付いた。

毎日たくさん寝ないとね!

腸内環境を整える

美は腸内環境からくるものだと思っています。

腸内環境を整えていると、身体はどんどん元気になっていきます。
便秘がなくなることで、お肌が潤い、きれいな血液が流れることで冷え性がなくなります。

美容のために高いお化粧をつかう方がいらっしゃいますが、あまり賛成できません。

食物繊維が多く含む食材をとり、炭水化物と脂質を極力控えてタンパク質中心の食事にしています。
食べる順番も、タンパク質を最初にとり、炭水化物を最後にとるようにしています。

これに、もう一つ最近話題のチアシードを食べています。

チアシードには食物繊維やオメガ3他にも女性が嬉しい栄養成分がたっぷり入っています。
スムージーの中にいれて食べると便秘解消にもなります。

もう10年の付き合いになる、ルイボスティーは私の美容の基本でもあります。

ルイボスティーの中には老化を防いでくれるSODという成分が入っています。
これは活性酸素を除去してくれる作用があります。

お金をかけなくても、体の中から綺麗になろうが私の美容の基本だと思います。

睡眠・食事・運動をバランスよく

普段、美容のために特に気をつけていることは、睡眠・食事・運動です。
以前は睡眠不足だっだり、好きなものを好きなだけ食べ、運動もほとんどしませんでした。
その時は肌荒れも酷く、朝からだるくて体調も崩しがちでした。
しかし、年齢を重ねるにつれ、これだはいけない!と思い立ち、生活全般を見直すことにしたのです。

まずは、どんなに忙しくても22時には寝るようにしました。お肌のターンオーバーは22時ごろから活発になると聞いたことがあるので、なるべくこの時間までに布団に入ることを習慣にしています。
そして、パンが好きなのですが、1日2食は必ずご飯を食べる生活にシフト。
普段の移動は出来るだけ徒歩や自転車で済ませるようにしています。

これらを地道に続けて半年。
気が付くと、肌荒れは無くなり、朝もスッキリ起きられるようになったのです!
毎日のちょっとしたことの積み重ねって、本当に大事なんだなと実感。
どんなサプリや健康法より、やはり普段の生活の質を変えることが美容には一番近道なのかもしれません。

食事の内容に気をつけています

美容と健康のため、食事については日頃から内容やカロリーなどに気をつけるようにしています。

食事は和食を中心として、ダシをきかせた薄味になるようにしており、最近は塩分量も気にするようになりました。
市販のレトルト品は手軽に利用できるのですが、多くの添加物などにより味が濃いめのものが多く、次第に濃い味に慣れてきてしまっているところがありました。

そんな時、雑誌の特集で塩分量を控えるというテーマが掲載されており、味付けはできるだけ薄く、塩の量は意識しながらメニューを構成するなど、参考になる話が多かったのです。

家族の好みの味つけにしようとすると、やはり個々の希望の味に近づけようと、調味料を増やしてしまいがちなのですが、こうした特集を読み、レシピを参照すると、家でも作れそうなメニューがいろいろと掲載されていました。

マヨネーズの代わりにオリーブオイルなど、代用品でカロリーオフにできるなどのアレンジも可能なので、ドレッシングを作ってみたところ、さっぱりとしたテイストで家族にの好評でした。

少しの工夫でカロリーオフや調味料の使用料の削減など実現できるので、今後もなるべくそういったアイディアを活用していきたいと考えています。

私が普段心掛けていること

美容のために気をつけていることは、メイクはできるだけ早めに洗い流すようにしています。肌が弱いせいもあり、季節の変わり目などかぶれやすいので、帰宅後すぐにメイクを洗い流しています。

外出時は、紫外線を浴びないように、日傘、もしくは、帽子を深々とかぶって出かけています。また、一週間に一日はノーメイクで過ごします。肌にも休息日が必要だと思っています。

毎朝、朝起きたらまず、はちみつと生姜をお湯で溶いたものを飲んでいます。たいてい私は喉の痛みから風邪をひくので、喉にやさしいとされるはちみつと生姜を飲むようにしています。これらを飲むようになってから、喉の痛みなどはなく、便通も良かったように思います。

また、夜は11時から2時の間には寝るようにしています。11時から2時の間はスリーピング美容と聞いて、この間に寝ることがお肌に良いと聞いたので、実践しています。

お酒も極力飲まないように気をつけています。味噌汁や納豆などの発酵食品をたべるよう気をつけています。

デトックススープを飲んで食べすぎ防止

もう半年くらい、夫婦でデトックススープにはまっています。結婚してから、二人とも5キロくらい体重が増えてしまって、年齢的にも代謝が落ちてきたのに食欲は減退しない・・・という状態。

このままでは、どんどん太ってしまうし、どうしよう?と最初は、コールスローキャベツを食事前に一人一皿食べておなかを膨らませてから夕食をとっていたのですが、毎日キャベツというのが味気なくて飽きてしまいます。それに、素のキャベツは味気ないのでドレッシングをかけますが、主人はノンオイルドレッシングだとおいしくないと油分の入ったドレッシングをドバドバかけて食べるので、ヘルシーなのか相当疑問に。

そこで、以前、テレビで見たことのなるデトックススープを我が家流にアレンジして食べています。トマト味をベースに、セロリ、パプリカ、玉ねぎ、ニンジン、キャベツなどたくさんの野菜と、トリささみが基本だとは思うのですが、毎回ささみだと飽きてしまうので、脂身の少ない豚や時にはベーコンやウインナー、魚介などをダシのベースにしてトマト味にカレーパウダーをプラスするなどしてアレンジ。

こうすると飽きずにおいしく食べることができますし、温スープなので大量の野菜が一食でとることができ、食物繊維豊富な食事へと変化したのでお通じもよくなって肌の調子も良くなりました。