Our Blog

食生活は「栄養バランス」がポイント

美容に良い食品やなんかがよく話題になっているけれどワタシはその影響を受けたりしません。
色々な食品を摂取した方がいいはずですし、なによりどれ程美容に良いと言われている物でも同じ物ばかり摂っていたら体調にも問題が出てくるでしょう。

健康美容に効果的だとされる食材は「食べないよりかは食べたほうが健康効果がありますよ」というくらいのことなんです。
朝から晩までそういうのだけ摂取していれば健康になるとか美肌になるなんて考えるのは大間違いです。
そんなスーパー食材があったら嬉しいですがどんだけ時代が流れてもそういった食材は出てこないでしょう。

食生活は「栄養バランス」がポイントです。
栄養が偏っていると体にも悪影響があります。
栄養が偏らないように色んな食材を使い、話題になっている物はチャンスがあれば少しだけ摂取しています。

飽きるほど食べなくてもいいのです。
もう少しすればまた違う健康美容に効果的な食品がブームになります。
こういった流れにのみ込まれないことが大事だと思っています。

美容に影響を及ぼす事というと、やっぱり乾燥ですよね。
冬の季節はとくにお肌が乾燥しがちです。
お肌が乾燥することによって、しみやしわを引き起こす原因になります。

冬の時期は喉の渇きはあんまりないのですが、知らず知らずのうちに体内の水分量は減少していきます。
進んで水分を補うようにしています。
単に、補給するだけではなく、加湿するように心がけています。

カラダの中をケアするだけでなく、加湿やスキンケアといった外からのケアも必要だと思います。
体内の水分が増えると腸の中も良くなってくるので、便秘になりにくいので美容に繋がるのです。
水分を溜めて、要らない物を貯めないからだが理想的です。

それに、食事においても気を使うようにしています。
補った水分は肌の基本ができていないと、外に出ていってしまうのです。
水分量を保持する為に角質層を整えておく必要があります。

コラーゲンが豊かな牛スジや軟骨を食べたり、セラミド成分を豊富に含んだ食品を意識して摂っています。
他には、せっかく貯めた水分を出してしまうコーヒーなどは飲まないようにしています。

ネットなどに載っている末端のお手入れについて、貴方はどのように捉えていますか?

自分としては爪のお手入れのことかなというイメージだったんですが、ネイルケアだけでなく頭髪も末端をお手入れするのが普通のようです。
本当に「毛先」は広がりやすいですが、ちゃんとお手入れすれば女性らしさがアップするイメージもあります。
そんな訳で、薬用ハンドクリームと美容ヘアオイルを利用して、末端のお手入れを試すことにしました。

先ず、「シャンプー&トリートメント」を行ったあと、引き続き髪に天然ヘアオイルを浸透させます。
手で挟み込むように毛先部分まで丁寧に押し込むようにすると、毛髪がもつれたりゴワゴワになる事もないですよ。
3、4分くらいおいてからチャチャっと洗い流すのが大切な点で若干毛の先にしっとり感を残しておく方が広がりにくくなります。

お次はハンド&ネイルクリームで爪のケアです。
傷みやすい爪をハンド&ネイルクリームで潤わせて、爪上皮もできるだけ処理しつつ、十分潤ったらスキンケア用手袋で浸透率を高めます。
これが十数分で済みますので、時間的余裕がなくても指先の末端のお手入れは実行しやすいです。

両方の末端ケアを行っても数十分で終了するので、ことのほか末端ケアは手早くパパッとやれるんだなぁと思いました。
末端ケアを習慣化してワンランク上の美を手に入れましょう。

お化粧をしない日は洗顔はお湯を使うだけ

この頃、自分がなにげなーく、気をつけていること・・・いいえ、これは心がけているって言ってもいいのかな。
そのこととは…極力お顔に無駄なものを付けない!笑このごろ、仕事はほぼ自宅でやっているので、お恥ずかしい話ですがメイクをしていません。
お化粧をしない日は、洗顔はお湯を使うだけで、石鹸もローションも使いません。

お肌にもともと自浄作用があって、あまり顔にパックとかクリームとか色々付けてしまうと、却ってその働きを少なくしてしまうみたい。
肌をしっとりさせ過ぎても、逆に吹出物が増えてしまうこともあるからね。
それはなんだか納得かも。

それから、確かにお顔に余分なものを付けなくなってからの方が、目に見えてお肌の調子が良くなった。
化粧した日は、オイルで落としてから石けんで洗って、そして以前やっていた化粧水などで保湿しています。

(因みにですがわたしの個人的にお勧めするのは、ビオレのうるおいジェリーという化粧水です。これだけでうるおいケアが一度にできて、楽チン!)

肌も絶好調だし、楽だと続けられるし、機会があれば試してみて下さい。
化粧品も皮膚への負担がなるべく少ないものを選びたいな、調べてみよう。

最近、化粧して綺麗になるというより、素肌を美しくしようと取り組む日々なのでした。
白米や食パンなどに入っている「糖質」はGI値が高いため、食生活がこれに頼りきっていると、身体の中で余ったエネルギーは脂肪となってしまいます。

あたしは昔は無邪気に、朝食はおにぎり1つ、ランチはサラダうどん、夜は丼物など、沢山食べるわけではなくても、太りやすい食生活になりがちだった頃もあったのですが、最近は「ゆるい糖質制限」って感じの食事内容にしています。
朝ご飯はパンを摂る場合は一かけぐらいにしておいて、サラダ系のものや野菜スープ、アボガドスムージーなど、「お野菜」&「フルーツ」を多く摂るようにしています。

ランチは揚げ物は摂取しないようにし、肉入りニラ玉や、サーモンソテーなど、短時間調理で砂糖みりん醤油などを控えたものをメインディッシュにしています。
晩ごはんは豚肉のソテーや豚冷しゃぶ、青魚の塩焼きやエビの中華炒めなどをメインディッシュにしています。

「食べない」というダイエット方法とは異なり、糖質制限ダイエットは、タンパク質や脂質など他の栄養素がしっかり摂取出来るので、体調維持にもなり、かつ痩せられて、まわりに「減量に躍起になっている」という風に思われにくいので、こっそりダイエットを実行できるのもうれしいです。

美肌の為に注意していることは十分な睡眠です。
しっかり眠らないと体の調子も悪くなり更には肌もガサガサになってしまいます。
次の日の化粧のノリにも影響を及ぼします。

まずできるだけ夜の9時にはベッドに行くようにしています。
寝室へはスマホは持ち込まない。
スマホがあるとつねにスマホを触ってしまうので眠りに就くまでに時間がかかります。

9時に布団に入ったら10時までには眠るようにします。
10時からは「お肌のゴールデンタイム」だと教えてもらったので実際にそうしています。

また寝る体勢は足を少しだけ上げるようにして寝ます。
むくみ対策です。
顔を下に向けて眠るとお顔が潰されて枕の跡がなかなか消えないので仰向けの姿勢で寝ています。
寝るときも絶えず美容に配慮して眠るようにします。

朝の五時には起床して最初に外の空気を入れて背伸びをして日光を浴びています。
その後目が覚めたらのんびりと白湯をのみます。
このようなことでもからだが熱くなり新陳代謝がよくなります。
寝るときもつねに美容に配慮するとしないとでは次の日の朝の体調は違います。

できるだけ冷え対策を行いながら過ごす

あたしが美容のために考慮している事はできるだけ冷え対策を行いながら過ごすことです。
なにぶん、ママも手足などが冷たかったので、遺伝的に冷え症になることが多いのだろうけど、毎日の生活の中で「冷え」を取るように気を付けています。
肌寒いなぁと思ったら、五本指ソックスと分厚いソックスをダブル着用したり、冬季には「タイツ」とか「レッグウォーマー」は不可欠です。

家の中でリラックスする時間も、テレビを見ながら「足湯」をやったり、太白胡麻油を使って冷え取りマッサージも行っています。
脚に限らず、お腹には、ナチュラル素材の「はらまき」をするようにしています。
主に仕事柄ピンヒールを履いているので、老廃物が排出されにくかったふくらはぎも冷え性ケアでマシになってきています。

体も、真夏日があるとはいえ、冷房から逃れられずに凍りついていたのに、ウエストウォーマーを使い出してからは、骨の髄から凍てつくような「寒気」は何処へ・・・といった感じです。

冷え性ケアを施し始めてからは血行も良くなり、意外だったのは関節がやわらかくなって軽快に動き回れるようになりました。

髪の毛のケアやネイルなど美容に関してやれることは様々ありますが、まずはやっぱり美肌を保つことが重要なことだと思います。
綺麗な肌を保つためには日焼けは最もいけないことなので、日焼けにはいつも注意したいですよね。
日焼け止め化粧品を使うなどの手入れは勿論ですが、身体の内側から気をつけることも効き目があります。

家を出る前にベジタブルジュースを飲むと、日焼けによる肌の損傷を軽減させられるとネットで見たことがあるのでこの春から飲み始めています。
腸内環境を整えることも美肌には効き目が大きいことなので、腸に良いと言われる物はいつも摂取するようにしています。
美容と健康にかかせない発酵食品や、切干ダイコンやわかめ、バナナ等の食物繊維の多い食品は一年を通してよく食べています。
当然おいしくてたまらないのですが、からだに良いものだと思うと不思議と気持ちも晴れるのでイチオシです。

私の場合は肌が敏感なので、顔の洗い方にも気を遣っています。
いちばん大事なことは洗顔のときの水の温度で、「ぬるま湯」が一番いいと言われているようです。

寒いときはまさに寒いのがイヤで熱めのお湯を使ってしまいますが、洗顔した後に乾いてしまうから断じてやるべきではないです。
熱くも無く冷たくも無い「ぬるま湯」で、ゴシゴシ擦らずにやんわりと洗うのがベストです。

洗顔料については、石けんが最も肌にやさしいと耳にしたことがあります。
肌が弱い方は、一回石けん洗顔を試してみるといいかも知れません。

体の中も外もケアすることで、暑い季節は美肌を維持しようと思います!春から夏にかけて、女性にとって気になることは紫外線です。
いつものスキンケアをしっかりやったとしても、日焼け対策をさぼってしまうとお肌は一気に衰えてしまうのです。

私自身はサンスクリーンは毎日塗っておりますが、紫外線量が増えてくる5月には、日傘やサングラスでUVカットしているのです。
サングラスがもっとも大事です。
現実には目からも紫外線を吸収していることはご存知ですか?目が紫外線を吸収することによって、脳がメラニン色素を出すように指示を出す為日に焼けてしまうのです。

あと眼病を阻止するためにも私の家では、子どもにもお出掛けの際にはなるべくかけさせています。
サングラスの購入時に気を付ける事は、紫外線のブロック率の高い物で、かけてみた時に顔との隙間ができず顔にフィットするものを選ぶと良いです。
紫外線防御率の高い物でも、お顔に合わなくて上下左右から紫外線が入り込んできては無駄になってしまいます。

また忘れやすい箇所は首の後ろ側です。
スカーフをまくとおしゃれだし、楽にできます。
髪を上げている方には良いと思います。

20代の頃は徹夜をしても肌に影響がなかったのに…

20歳代の時は徹夜で起きていても翌日普段のようにメイクをして仕事に行くことも全然大丈夫でした。
けれども30歳代になり、40代に突入すると寝足りないともろに肌に現れるようになりましたね。
じぶんでしっかり眠ろうと思って早めに眠っても、夜中に起きてしまってそのあと眠れないなんてこともあります。

良質な睡眠をとっていつもキレイな肌を維持したいです。
良質な睡眠と言ったらまず最初に明るいうちに適度に運動しなくてはと思ってこの頃頻繁に歩くように心掛けています。

同じリズムを刻んて歩くのって脳や心にとても良いみたいです。
幸せホルモンのセロトニンがでるとか。

ただウォーキングをしたら腹が減ってついオヤツをポリポリと食べ過ぎてしまうのでそれが困ります。
このように昼間運動をすると暗くなると自ずと睡魔に襲われます。
その眠気を上手く利用して「肌のゴールデンタイム」といわれる午後10時から午前2時までに少しでも睡眠をとってお肌の年齢が若くなるように努めています。

自分が美容面で気を配っている点はなるべくカラダが冷たくならないように暮らす事です。
元来、ママも手足などが冷たかったので、親譲りで冷え性になりやすいのでしょうが、生活を送る上で冷え対策をとるように努めています。
低気温のときには、絹の上から裏起毛ソックスを重ね履きしたり、真冬には冷え取りタイツやふくらはぎを冷やさない物も忘れません。
我が家でリラックスする時間も、本を読みながらヒザ下をお湯に浸したり、白ごま油を用いて冷え取りマッサージも行っています。

そして、腹部には、絹素材や竹繊維から作られたウエストウォーマーを欠かしません。
いつも仕事柄ハイヒールが欠かせないので、「むくみ」があった足も冷え取り健康法でむくみにくくなりました。

体も、暑苦しい時期があるものの、エアコンがガンガンでブルブルしていたのに、お腹を暖めることにより、身体の中からの冷え込みが無くなったのです。
冷え性ケアを施し始めてからは血流もよくなって、面白かったのは柔軟な体になってきていて軽快に動き回れるようになりました。

美しくなるために考慮している事は「精神的に元気でいる」ことです。
直接的に美容的な事かと言えば人それぞれですが、私の場合は心労がたたると吹き出物が出来たり、どういうわけか食欲がみなぎってしまうので心労の蓄積は美しい容姿作りの邪魔をするのです。

心なしかフラストレーションが溜まっていない方が若々しくなるのでオーラも変わってくるとおもいます。
そうなるためには「ストレス解消法」が大事ですね。
自分は鬱憤がたまってきたら趣味にのめり込んでストレスを解消しています。

そんなに没頭できるものがない方でも、まあまあでも面白く思える事をやるだけでも多少はましになると思います。
そつなくイライラを解消していくことによりそれが結論として「美」につながっていくのです。

ともかく心の表情は姿かたちにまで影響しやすので気を配らなければならないのです。
年齢が増えていってもハツラツとした女性は、確かに何かしら自身のためになることを実施している人がけっこういるので、そのような角度で見ても精神を養うという事はキーポイントとなりますね。

年間通して日焼け止めは使うようにしている

「絶対、焼かない。」とまでは思っていませんが、もともと紫外線に当たらないように常日頃から意識しているつもりです。

そのため年間を通して、日焼け止めはお顔に塗っているし、紫外線量が増える今からの季節は朝から帽子が欠かせません。
元来(わたくしが言うものヘンですが)自分は肌が白い方なので、周りの人よりもシミやそばかすが目立つし、歳を考えると肌のしっとり感が無くなってきているのを自分自身でも実感しているので、乾燥の原因となる紫外線には極力当たらないように慎重になっています。

また、保湿をしっかりし、肌のためにいつも、定期的にビタミン剤など医者に処方箋を出してもらった薬も内服しています。
何やかやとお金も要りますが、現在の自分の歳を考えてできる限りのことをやっていかなければならないというのはどうにもならないことだし、なす術か無いことと諦めようとは思わないので一通り、自分なりに今出来ることを色々試しているところです。

断じて、年齢より若く見られたい訳ではないですが、タメの友人達にちょっぴりでも距離を広げたいといった本音もあるにはあるので。

30代前半の頃からですが、ちょっと高価なクレンジング料と、洗顔フォームに変えてみたのです。
いままではコンビニなどで売っている800円ぐらいでどこにでも置いてあるようなクレンジング料と、洗顔剤でしたが、某メーカーのビューティカウンセラーに教えてもらったのが、クレンジング料と洗顔剤を変えることで肌質や色味が違ってくるよって。

そして、使ってみたところ、高級なものは違います!高いと思うと化粧を落としながら、顔のマッサージもやってしまいます!化粧品は高価なものを使っているけど、化粧落としや、洗顔フォームはチープなのを…という人に試してほしいです!肌の質や色味が自分でも分かるぐらいになります!それからフェイスマッサージも!

わたくしはリンパケアの本を買ってマッサージをやっています。
お顔だけでなく、腕や脚など全体のリンパを隅々までマッサージを行うと、血流もよくなりますし、顔の血色も良くなって、むくみが無くなるのでシャキッとします!
化粧水などは高い物、マッサージは自分自身で!(笑)

リンパに毒素が溜まると血流が、悪くなりますから、自分自身でお風呂で全身のマッサージがオススメです。

あたしが美容で気をつけていることはねこ背を正すことです。
自分自身が前かがみになっていることに気付いたのは27歳か28歳のころでした。
パソコンで仕事をしているところを携帯のカメラで撮られ、自分で見て呆然としてしまいました。

PCで仕事をしていると自然とリラックスできるのでねこ背になってしまうのですがシャキッとしていない姿は印象が悪いです。
当初は格好がよくないから姿勢をなおしましたが、姿勢を正して座ると、その他にも良い面があることが分かったのです。
姿勢を正して座るにはお腹と背中の筋肉が必要です。

気をつけて座っているだけでも腹筋が鍛えられ、ポッコリしてた下腹が凹みました。
背中のお肉もスッキリして辛いダイエットをしないでもスタイルが良くなったのでラッキーです。

また、姿勢を意識するようになってから正しくパソコンのキーボードを打てるようになりました。
眼精疲労も感じなくなり、眼の周りのしわが減りました。
肩や首の凝りが良くなったらフットワークも軽くなり、自然と体重が減りました。

これからの課題は足を組んで座らない事です。
足組みをやめてバランスの良い体を目指したいと思います。

お肌には水分不足が特に大きなストレスになるみたいなので、乾燥を防ぐ事は抜かりなくしています。
低湿度のお部屋などには、スチーム式加湿器を使いますが、加湿器だけでは皮膚の潤いまで保持させるなんて無理ですよね。

それでスプレータイプの化粧水を頻繁に利用するように心掛けています。
メーキャップした後でも使うことが出来るので、保湿が足りないときに使えばいいだけです。
洗面所に行くたびに使用しているので、これで乾燥肌はそこそこ防止できていると思っています。

化粧もカサカサにならないように、ベースに「ニベアクリーム」を利用したり、ファンデ自体もパウダリーではなく、ゲル状のファンデをつけています。
ゲルファンデーションであれば、ファンデがはげにくいし、成分の半分は水なので乾燥を防ぐことが出来ます。
化粧をおとしたあとも化粧水は惜しみなく肌に与えていますし、寝る前にはウォーターゲルを多めに使って乾燥対策を施しています。

半額で試せるオールインワン>>肌和華ジェル キャンペーン

クレンジング料と洗顔を変えるだけで肌の透明感も変わる

30代前半の頃からですが、少し値段の高いクレンジング料と、洗顔剤を使ってみました。

いままではスーパーの化粧品売り場にある800円位でどこにでも置いてあるようなメイク落とし、洗顔フォームでしたが、とあるメーカーの美容部員さんに聞いたことが、クレンジング料と洗顔を変えるだけで肌のハリ、透明感が変わるよ、、と。

そんな訳で、試してみたのですが、高級なものは違います!高価だと思うとメイク落とししながら、顔のマッサージもやってしまいます!化粧品は高価なものを使っているけど、クレンジング料、洗顔料は安いのを、、、という人にはおすすめです!
肌のハリ感や透明感が変わってくるのがよくわかるんです!そしてお顔のマッサージ!!
わたくしはリンパマッサージの本を買ってマッサージをやっています。

お顔だけでなく、腕や脚など全体のリンパを丁寧にマッサージをしていくと、血の巡りも良くなるし、顔は特に顔色もよくなって、浮腫みが出ることも無くなります!化粧水などはお金をかけて、マッサージは安く!(笑)
リンパに毒素が溜まると血行も、悪くなるので、自分自身でお風呂で全身マッサージがお勧めです。

美容はご飯がとても大事だと思うので、私の場合は食事に気をつけています。
といってもそんなに難しい事ではなくて、バランスよく食べる事。
お野菜が特に足りない事が多いので、なるべくお野菜を沢山食事にとりいれています。

一つのケースを挙げるとレタスはサラダにするといっぱい食べることは出来ませんが、加熱してしまえばひと玉程度は食べられます。
ですので、お鍋に入れたりスープに加えたり、炒めるなどして出来るだけかさを少なくしてたくさん食べれるように工夫いしています。
沢山お野菜を摂ると便秘も改善されますし、お通じがよくなると肌の調子も良くなると嬉しい事ばかりです。

それと、質のいいタンパク質をたくさんとるようにしています。
体重が増えないように気を使っているので、ささみなどのあぶらの少ないお肉にしています。
たんぱく質不足になると髪の毛がぱさぱさしたりお肌にハリが無くなったりという事を前に週刊誌で見たので、たんぱく質が不足しないようにしています。

肌は外から刺激を受けるので、お化粧品で表面から肌へ栄養分を補給する事も大切な事なのですけど、カラダの内側を綺麗にすることをまず先にしないとダメかなと考えています。

自分自身は便秘をすると何日か後に肌荒れを起こしてしまうのです。
年齢を重ねると治りも遅くなるのでそんな風にはなりたくないのでお肌が荒れないようにしているのです。
便秘をしないよう毎日ヨーグルトに黒ゴマやオリゴ糖などを入れたものを口にします。

食事の方は食物繊維をたっぷりととるよう努めています。
納豆やこんにゃく、ごぼうに蓮根などです。

もし外食続きで野菜とか食物繊維を摂取出来ない時は野菜のジュースとヨーグルトドリンクを半分ずつ混ぜた物を飲みます。
それでお通じもよくなります。
腸内が元気だと体も元気になり、自然に美肌になるのではないでしょうか。

昔は体や肌のメンテなんてしませんでしたが、年齢を重ねるとそうはいかないものです。
毎日コツコツと健康的な物を摂取すれば艶肌になれると考えています。

ひょっとして股部分のにおいが強いのかなと悩んでいます

いつもズボンやスカートを履いているのですが、大抵の場合ズボンやスカートを履き終わって入浴時に脱ぐとなんだか臭いがあって物凄くその臭いが苦手なので原因は何だろうと悩んでいます。

しかしその匂いはやはりデリケートゾーンのニオイとしか思えないのでひょっとして股部分のにおいが強いのかなと悩んでいます。
こんな事ってすごくみっともない事だし、これはどうやって防げば良いんだろうと思っています。
一般的な脇の下なら制汗デオドラント剤なども販売されているので臭いが気になっても防げるけれど股間の場合は防臭ケアがよく分かりません。

キチンとお風呂に入っているし、服も続けて着ていくことはないのになぜか40歳を超えたくらいから臭くなっているように思えるので弱っています。
年のせいかも分かりませんが発生源が「お尻」となると放っておけないので使えるデオドラントグッズがないか調査してみるつもりです。

夏場なら蒸れ感もあるので当然デリケートゾーンのニオイもキツくなってしまう事もあると思うし、女の子の日だと特に臭いが出やすいので「清潔第一」でやっているのですが、そういう時じゃなくても「ニオイ」が発生しているので一刻も早くケアしていきたいと思っています。

ワタシは脂っぽい匂いを出している人が気になります。
身動きの取れない電車内で皮脂臭が漂ってくると「ウっ…」となってしまうので口で呼吸するようにしています。
鼻や口を覆いたいくらいなのですが、それは良くないかなと思いただただ耐えしのんでいます。

ワキガ臭よりもあたしはこの皮脂臭に敏感で頭皮から臭っているものだと思っています。
よくおじさんが横切るとプーンと臭いが分かったので中年の男の人の近くはあまり近寄らないようにしています。
普通の「汗臭」なら気にならないのですが、おじ様方の「皮脂臭」が臭ってくると胃の辺りがムカムカしてくるのです。

腋臭ケアなどとは異なり頭部のケアは大体の人が「洗髪」だけだと思いますが、頭の消臭ケアができる専用オイル等も販売されているので絶対使った方がいいと思っています。

この頃は高齢化社会で中高年の男性も沢山いるので頭の臭いをケアするようにしてもらわないと困ってしまいます。
ですが、このまま体臭に敏感になりすぎると、社会の傾向が「自然体でいこう」となりそうな気もします。

汗の悩みが解消するような服があると嬉しいと思うのです。
具体的にいうと、汗をちゃんと吸って、しかも、それを乾かしてくれて湿気のない状態にしてくれる性能のものってないのかな?なんて考えています。

しかしながらそんな服ってなかなかないのです。
例えあったとしても、トレーニング用だったりして、なかなか私のような年代の人向けの洋服がないのです。
ニーズは高いと思うので、いっぱい作ってくれないかなと思っているのです。

例えをだすと、業務であちらこちら出かけるような人は、汗の悩み事って切実ではないでしょうか。
背広を着た時シャツが汗で肌にベタっとついて、不快になるといった事もよくある事だと思います。
ですから、汗についての悩みを解消してくれるような商品開発が必要だと考えています。

金額的に高くても、汗においての悩みをなくしてくれるようなものなら、多くの方が買いたがるのではないかな?なんて思っています。
流行に乗ってて、なおかつ汗の悩み事を解決してくれるような服ができたらいいな。

私は今現在アラフィフです。この年齢になり体臭よりもむしろよく言われる年齢臭を気にするようになりました。
近頃自分でも年齢臭が分かるので私自身もそんな歳になったんだななんて思っています。
私の場合は20代・30代くらいは体臭などというものはなく足のニオイが酷かったのです。

季節に関わらず足汗をかいたりすると靴を脱いだら足臭がしてきます。
家に帰るとよく親兄弟から臭いから早くシャワー浴びてこいとか靴下は洗濯機に入れないでよと言われました。
そして30代から足臭はちょっとずつなくなってきました。

どうしてかはわかりませんが…。

だけど腋臭のニオイと体臭が臭ってくるようになったのです。
やっと足臭がなくなってきたと思ったらお次はワキガと体臭…。

体臭においてはそれほどでもありませんでしたがわきにおいてはそれほど凄く臭いましたね。
夏に発汗した時なんかはヒドイ臭いがしました。
でもそれも少しづつなくなっていったのです。

そして今度はカレイ臭に困っています。
振り返ってみると足からワキ最終的にミドル脂臭というふうに下から上がってきているような感じがするのですけど偶発的な事なんだと思います。
ミドル脂臭はなんとかなんとか今は香料を使ってその場を凌いでいますがこれがいつかは自ずとなくなってくれないかなと思います。

デオシーク 通販

むだ毛ケア後の潤いケアをちゃんとしたい乾燥しやすい季節

秋冬は乾燥肌になりやすいので、むだ毛ケア後の潤いケアはちゃんとしています。
多少でも適当にやると皮フが赤い感じになって肌荒れするので、これが続くと肌トラブルになり皮膚科通いすることになるので、ボディミルクやオイルを利用してちゃんとアフターケアを施しております。

ボディクリームも自然由来成分の刺激が少ないものを使用しています。
やはり敏感肌だと使えないような物は、アフターケアの時に利用するとヒリつくので低刺激のモノをつけるようにしています。

スキンケアをキチンと施すようになってから肌問題が減少したので乾燥肌防止対策って重要だなと強く感じました。
両脇は刺抜きでケアしていますが、脚や腕毛などは剃刀ケアを行っているので皮フが傷みそうなので、シェービングローションをのばして傷付きにくくするように行っています。
秋冬は矢張りガサガサ肌になりがちなのでいつもよりも保湿力強めのボディ用のオイル等を使うようにして乾燥対策に励んでいます。

自分は普段の無駄毛ケアにとげ抜きを使っています。
むだ毛が成長してくるところを気が向いたら毛抜きで処理って感じです。
ムダ毛が全くない自分でいたくて、そうしているのですが、ここ最近ふとした疑問が芽生えました。

その疑問というのが何故部分的に痛みの強さって変わるのかという疑問なのです。
私の場合とげ抜きを使った時に激痛がある箇所とそれ程刺激を感じない所があります。

何がどうして違うように感じるのでしょう?例を挙げると「手」にしたって手の甲の毛を抜くのと「指」に生えてる体毛を抜毛するのを比べてみても痛さが異なる感じがします。
指部分のむだ毛の方がなんとなく手の甲よりも痛い気がします。

そして足もなのですが、膝から上の無駄毛を抜毛するよりもヒザ下や足指のムダ毛を抜き去る方が痛いと思っちゃう。
両ワキの無駄毛はあまり刺激を感じないのに顔の毛は痛みが尋常じゃないです。

そのようになんで痛さの受け方がちがうのだろうと思いはじめたのです。

そんな気がしてるだけなのでしょうか?それとも本当に痛みって違うのですか?
実際に違うならどうして同じじゃなくなっているのかがとっても不思議でなりません。

女子の大問題と言えばむだ毛ケア。
思えば、異性を意識する思春期の頃から意識し出して、二十年あまりこの問題と格闘しているんです。
だけど、問題だと思っているうちは割と女を捨てずにすんでいます。

ついつい処理をやり忘れて、生えたまんまにするとか!それが普通になってしまったらオス化してしまいます。
彼と会う時に、除毛し忘れてしまったなんてこともありました。
そういった時はデート中もナーバスになるし、更にはイチャイチャしたくても出来ないし。
いざという時は殆ど見えない明るさにしないとなりません。

ワタシがエステティックに出向いていたころ、「自分は脇のむだ毛が数本しか伸びてこないから脱毛専門店で施術しなくても平気なんです。」とエステシャンの方が言っておりました。

衝撃的な言葉でした。
毛深い剛毛と長年せっせと付き合ってきたあたしとは大違いじゃないか!

そんな事を聞く機会もなかったので、人のムダ毛事情なんて良く分かりませんから、そういう方もいるのかぁと好奇の目で見てしまいました。
もはや社会人となり美容にもお金を掛けられる年齢です。
脱毛エステでキレイさっぱりムダ毛処理をしています。
ツルツル肌は、矢張り女性らしく思えます。

今後も、女らしさを忘れず怠らないよう、励んでいきたいです。
女ってば美容につぎ込むものが多いですよね。

【参考】ミュゼ除毛クリーム 通販

前はカミソリで毛を剃っていたことが多かったです。
自宅に常に置いてありましたから手軽だからと思っていた節があったので、気兼ねをせずに腕・脇・足などに使っていました。
だけど思ったのが、処理をしたとき以外はどんどん太く濃くなるという結果に漠然としました。

実際スネの部分は、昔の毛と比べてみて、とても剛毛になていて軽くショックです。
もはや、すでに濃くなった状態は元の毛には戻らないので、「エステサロン」で脱毛することにしました。

私が初めに予約をしたのは、美顔や痩身などを取り扱うビューティサロンです。
初回のカウンセリングに時間も短く、お店の方から強引な勧誘をされるような事もありませんでした。

脱毛サロンを利用しているときも、特にいやな思いをするような話もありませんし、スタッフさんたちも親切な対応です。
みなさまもムダ毛で悩んでいるのならサロンにご相談してみるのがいいと思います。

嫌いな体臭に順位を付けてみたら

あたしの大嫌いな「体臭」に順位をつけてみました。

先ず3位は生乾きの洗濯物の匂いです。
兎にも角にも嫌いでどうしてこんなに強烈なのか気になって仕方ありません。
部屋干し臭がしたらすぐさま再び晴天の日に洗濯用柔軟剤の量を増やして洗浄します。

とは言え、6月くらいになると雨の日が多く部屋干しになってしまがちになるのが問題です。
この頃は生乾き臭を防止する衣類用洗剤などがたくさん開発されているので、こういった商品を検討していきたいと思っています。

第二位は、「わきが臭」。
よくある事ですがやはりワキガの人本人は分かっていないのが本当に困ります。
友達であればこれを伝えた方がいいのか悩みますね。
これはどうしようもないですが距離をとることがニオイを感じない唯一の方法かもしれません。

ワースト1位は、「汗臭」です。
これはわたしのも気になりますが他人の汗臭も本当に臭く感じます。
暑い季節に出やすいこの悪臭。

しょうがないですがやっぱり自力でやれる対策はたくさんありますので汗が出たらタオルで拭くだとかシャツを交換するなどしてほしいですね。
汗のニオイの上から匂いものをかけてもより一層臭くなるだけですから。

あなたは自身の臭いについて気になったことがありますか?私は恥ずかしながら自分自身の足のニオイが気になってしょうがないです。
最も足の匂いがきになるのが、仕事が終わったあと、みんなで飲みに行って、飲食店の座敷に座る事があったとき、靴を脱ぐ瞬間に足の臭い匂いが、漂ってしまい周囲にばれないかと気になってしまいます。

じゃあ何で足から臭い匂いがするのでしょう。その原因は多数あります。

同じ靴を長時間履いていいたために熱気がこもってしまう。
通気性の悪い素材が使われている。
靴が自分のサイズに合っていない。
などなどクツに支障がある事もあるのです。

あとはくつした。
タイツなど通気性吸湿性の悪い靴下を履いていた場合や、足に汗をかいた状態でソックスをはく。
汗をかいたのに、同じソックスを履いて替えていないとかです。
クツやソックスのほかにも足が何かしらの病気などの時は、足をきちんと洗浄できていない、湿度や気温が高い時など汗が出るような状態である。
など原因は様々あるみたいです。

なのでそうした足の臭いの対策としては、靴を丁寧に洗う、湿気を取れるようにお天気がいい日にはクツを天日に干す、自身の足に合ったものを用意する。
などなど、自分だけでなく周りの人の気分を害さないように対策していく事が大事だと思います。

ここの所仕事上でいつものようにお目にかかる40代の男性がいるのです。
悪い人ではないのですが、非常に、臭いんです。
しかも、汗や皮脂、ワキガに足のニオイ。

強烈なんです。
だけど毎日臭っているわけではないのです。
きっと、「お風呂でカラダを洗った日」はにおわなくて、そうでない日が続いて臭いが溜まっていると思うのです。
くしゃみが止まらなくなってしまうほどのニオイを放っていますが、直接言うことはできないので、耐え忍んでいます。

綺麗にできていないのなら、臭ってしまうのも仕方ないです。
だけど汚れをおとして欲しいなんて事は言えるはずもなく・・・。
その人は、年齢が上なのです。

でも、そんな男性を見ているうちに、「私にもニオイってあるのだろうか」と心配になったのです。
その男の人は自分自身が匂う事を分かっていないと思います。
もしかしたら、自分も自身で気が付いていないだけで、「周りにニオイで迷惑をかけていたらどうしよう」と思ってしまいます。
におったりしないように気を付けていますが、クサくないことを願っています。とても気になります。

チェック⇒レデオス 口コミ

ひょっとして「体臭」があるためにそばの人が反応するのではないかと思うこともある近ごろのあたし。
それゆえに、着々と快適な匂いとか体のニオイを発さない為にどうすれば良いのか模索中です。
大抵は「香水」を使用すればどうにかなるだろうと推測しています。
(どれがどのくらい効くのかよく分かってないのでまだまだ勉強中です!)

でも経験談として「香水」と「アセ」が掛け合わされ反って酷いニオイになると言われたこともあります。
持続性のある女性らしい匂いで手堅く「臭くない私」を演出し始めました。
キチンとした格好が基本の勤め先なら着る度にクリーニング店に出す事も無理なので脱衣時にソフランなど柔軟剤をふりかけて香りキープするのも悪くなさそうです。

人の「ニオイ」って体臭とは言うけど服とかの臭いも大きく関わっていますよね。
汚くなったら洗浄することが重要です。
出来ない時は衣服にも柔軟剤をふりかけて染み込んだ匂いをリセットする事が肝心です。

これからの季節はアセも出やすくデオドラント剤が必要不可欠です。
更には脇汗パッドとかボディシートなど用意して嫌な臭いを発さない女性になりたいです。
身にまとう「香り」はその人の第一印象にもなるというイメージもある重要なところなので、この先ステキな女性を目指すなら「香り」も気をつけないとですね。

汗拭き用の手ぬぐいを常に持ち歩かないといけない

私は汗っかきで困っているのです。

けっこう悩み事があるのですけど、一個目はすごく汗が出てくるため、前髪を垂らした下げ前髪をしたとしても額に汗をかく為ヘアスタイルが崩れるのでそれをしょっちゅう気にしてポンパドールのようなヘアースタイルしかできない事が悩み事です。

二つ目に、身体に発汗した時服の汗染みが目立ってしまうことです。
紺色や黒色の服を着ていた場合汗染みが白く浮き出てくるのです。
また、グレー色だと汗が付いた所の色が濃くなってしまうためこれらの色の服を着る事ができません。

そして洋服においては暑い時期は発汗量が多くなるためニオイの方も気になり会社に着替えを持っていき服を着替えるようにしているのです。
寒い季節は何枚か重ね着すると顔面に汗をかいたりするのでとっても恥ずかしいのです。
このように非常に汗かきなため、汗拭き用の手ぬぐいを常に持ち歩かないといけないのも悩みです。

自分は前から臆病者なんですけど、さらに、緊張した場合汗が止まらなくなる性分なのです。
このせいでこれまでさんざん恥をかいてきたのです。

例を挙げると、入学式が終わってクラスが分けられた後自己紹介があります。
その際に臆病者なので汗が噴き出し、自分の番に回ってきた頃には髪や額が汗でぐっしょりしてしまったのです。
そんな姿を見た、クラスの男子に笑いものにされ大変恥ずかしかったことがあります。
いまだにその時の記憶がよみがえるのです。

私としては汗をかかないように普段通りでいようと思っているのですけど、やはり難しいのです。
その他にも、汗を吸い取ってくれる服も着ていますが、夏は暑いのでとても着ていることが出来ません。
現状では何をやっても効果が表れないので、生まれ持った体質と諦めて、暮らしています。
周囲からもの珍しげに見られても、次に会う事はないだろうと軽く考えるようにしています。

自分自身は過去より代謝が良く汗っかきなので、らーめんの他にも普通にファミレスメニューを口にしてもオデコから汗が流れだします。
誰かと食事をしに行くと必ず汗を指摘されてしまうのでとても恥ずかしかったりしましたが、アラフォーになった今でも代謝が落ちていないのかまだ悩んでいるのです。

私の汗かきは季節関係なくあるので、寒い時でも通勤等で十分も歩けば顔から汗が噴き出すので、折角時間をかけてメイクアップしてもちょっと歩くと汗で崩れてしまうので困っているのです。
ウォータープルーフの物では追いつかないのでまめに汗を拭き、極力体を動かさないように移動するときは自動車にしたりと不健康なことをしてしまうのです。

中でも1番自分が気にしてる汗の掻き方は緊張すると出てくる汗になります。
緊張すると出る汗というのは大体脇から出てくるので極力汗が目立つ灰色や中間色の洋服をチョイスしないようにしているし、緊張感を持たないようにリラックス方法を探してますが、見つけようとすればするほど発汗するのです。

汗が出ると見た目に分かるので汚いと思われたらどうしようと思ったり、他人の目を気にしてしまうのです。
「今後も多汗症と関わり合っていかないとダメなんだろうな」って思うと気が重くなってきますが、自分なりに良い方法を調べたりして実行したいと思っています。

旦那は年上で37歳になります。私たちの出会いはおおよそ8年くらい前です。
昔はほとんど無かったのですが、ここのところ仕事から帰ってきた旦那の脇が何となくにおうのです。

夕飯を食べテレビを観ている夫の近くにいくと、プーンと、ミンチ天のようなにおいがするんです。
ミンチ天は九州地方の人しかさっぱりわからないでしょうが、刻んだ野菜とすり身をコロッケのように揚げた物。

「えっ?加齢臭?!ま、もうすぐ40代だしね、仕方ないよね・・・」と半ば諦めています。
その他はあまり臭いがしない、ていうかほぼ臭いがしません。
それが、わきの臭いが、臭いだけにおさまらず肌着にまで広がってしまったのです。

所謂、ワキ汗のしみです。
毎日洗濯をするのに脇のところが黄色い!これは衝撃的でした。
私には初めての経験でした。

「かなり強烈な汗が出ていたのね、そりゃにおうよね」と腑に落ちました。
時折り外での仕事もするので忙しかったのかなぁと想像しつつ、そのシャツの処分に困る日々。
臭いが嗅覚だけじゃなく見た目にも表れる。
脇に限りとてつもない臭いがする私の夫です。