寝不足というのは美容にも健康にも良いことではない

寝不足というのは美容にも健康にも良いことではない

単純ですが、美容のために努力している事は寝る時間をしっかりととる事です。
三十歳までは高価な基礎化粧品をそろえて使用したりと色々な方法を試してきました。

でも、想像を超えた肌への効果という物は実感できませんでした。
生活習慣も変わり、三十歳を超えると育児と家事で忙しく、自分の趣味や友人との交友もちょっとした時間を見つけては満喫してきました。
その結果夜遅くに寝るようになって疲労感が残っているのに朝を迎えてしまうのです。

日を追うごとに、肌だけではなく、指の皮も剥けて、乾燥がひどくなってきました。
皮膚科に行って塗り薬が必要不可欠になったのです。

半年ほどそのような生活をしていたのですが、ある時たった2日で肌や指の症状がなくなったのです。
それというのは、お肌の再生タイムと言われる22時から24時の時間に、質の良い睡眠をとると美肌が手に入るとテレビで放送されていました。

寝ている時の細胞の修復は、肌細胞の修復が一番最後にされるようで、眠りにつくときは体温を下げておかなければならないようです。
実際、入浴した後1時間ほど経った後のほてりがひいた時点で横になって、布団に入ったら脳への刺激を防ぐ為にスマートフォンは触りません。

これまでの間手放すことが出来なかった薬の事を忘れてしまうほど、肌のくすみがなくなり、ひび割れやあかぎれも治りました。
眠るという事は特別な事じゃないです。
ですが、寝不足というのは美容にも健康にも良いことではないのだと改めて感じています。

私はこれまで色素沈着に気を遣っていました。
ですから、年間を通して紫外線予防に特化したスキンケアを行っており、その効果でしみなどもなく肌の状態は好調だと思っていました。

それが、30歳のころから頬を中心に赤い部分が増えてきて「何となくおかしい」と気づいて肌チェックをしてもらったら、肌の水分量が減っていることが判明しました。
いつも水分と油分をチェックしてもらっていましたが決まって油分量が少し少ないという結果だったのであんまり深く考えていなかったことがいけなかったのだと思います。

それからは肌ケアの一番終わりに保湿効果の高いクリームを毎回塗るようにしています。
これまで夏になるとクリームはつけないでいたのですが、しっかり塗るようになってからはほっぺの赤みも消えて、潤いが保たれているためか肌の色が明るくなって、毛穴もハリが出たことで目に留まらなくなってきたのが見てわかります。

保湿をしっかりするだけでここまで良い状態になるとは想像していませんでした。
化粧のりも以前よりよくなって、以前よりももっと化粧をする喜びを感じています。
肌の水分と皮脂の関わりは両方がバランス良く保たれていないと駄目なのだな、とつくづく感じているところです。

つまるところ、「ステキ女子」の特徴は、「美肌」だと考えられます。
自分は働き始めてから人生で初めての恋人ができました。

そんな訳で、より女に磨きをかけようと考えた折に、お肌のお手入れをもっと真面目にしようって思ったんです。
それで始めたのが、顔のパックだったのです。

これまで美容パックなんてやった事がなくって、どのような成果を得られるのかもわかりませんでした。
ですが現実に利用してみるとビックリ仰天!十分に潤って、見るからに弾力のある素肌に変わりました。

あと、化粧のノリもよくなりました。
その後も顔パックでのケアを習慣にしています。

また、いつものフェイスウォッシュや洗顔後の化粧水と乳液も必ず施しています。
素肌の調子が良くなった事を、交際相手だけに限らず、家族や会社の人等も目に止めてくれました。

前から顔は洗ってましたが、パックをプラスするだけでこうまで違ってくるのかと感動しました。
綺麗な肌を目指すには、顔パックが欠かせません。
日々の洗顔にも注意して、コンスタントにフェイスパックをする事で、健康的な素肌を維持していきたいです。

【参考サイト】ビューティーオープナーのお試し通販!初回65%OFFの1980円
【URL】https://www.tabletwholesaledistributor.com/