日別: 2019年12月23日

「体臭の定義」はなに?と思ってしまった

朝から晩まで着用していた蒸された履き物を脱ぐと、それはもう嫌な悪臭が鼻につく。
こういうのはよくある「体臭」の一つと言えましょう。

ですが、夏に戸外にいてうっすらと汗をかくと、隣にいる人などにどの位体臭が伝わるんでしょうか。
汗をかいているうちは、自身でもそれ程気にはなりませんが、しばらくするとやはり臭ってきます。
その時に既に近くの人を不快にさせるような匂いをさせてしまっているのなら、すぐにでもニオイケアのスプレーを浴びたくなります。

でも、デオドラント製品は値段が高いので、出来るだけ使用量を減らしたいって気持ちもあります。
これが、いくらか汗を流した程度の臭いでは迷惑に思わない人がほとんどであるならば・・・。
などと思っているうちに「体臭の定義」はなに?と思ってしまったのです。

意味的には「その人の匂い」なのでしょうが、このご時世にお風呂にはいらない人は、ほぼいないと言っていいでしょう。
その時に、「シャンプー」や「石鹸」などを用いる人が殆どでしょう。
ならば、これはもう洗髪料などのニオイであって、体臭って事とは違う気がします。

それとも、シャンプーなどの香り+体自体から発する匂い=体臭なのでしょうか。
などと私自身のくっさーい両足を綺麗にしながら悩む今日この頃です。

様々な体臭があるんですが、本当に気になってしまうのが頭皮の匂いです。
他人ではなくわたくしの頭皮の臭いが気がかりなのです。
特にドライヤーをかけた際に臭います。

自分が行っている対処法はシャンプーする際に頭皮マッサージブラシであたまを強くこすっています。
それをきちんとやった翌日にはドライヤーを使用しても臭ったりしません。
だけど、気になるのでゴシゴシと力みすぎるので皮膚がキズついてしまってそんなにしないほうが良いのではないかと思っています。

ですのでブラシを使うのは週に2・3回です。
ブラシマッサージをしない日は指の頭で入念に洗うようにしています。
けれども、凄く疲れるんですよね。

今気になっているやり方が「湯シャン」です。
お湯だけで頭皮を洗うそうなのですが、続けていくうちに余分な油が出なくなり本当にシャンプーを使わずとも臭わなくなるようなのです。
水道料金もシャンプーで洗髪する場合とそれほど変わらないらしいので一度やってみたいと思いました。

汗が出てくるくらい暑い時期は、指が汗ばむのです。
もちろん額や腕などほかの箇所からも発汗しますが、大変べたついた感があるのは指なのです。
昔は手の指から汗が出ることは基本的にありませんでしたが、年齢を重ねてくると体質も変化するみたいで悩みの種となったのです。

ぽたぽたと流れるまではいきませんが、まさに脂物料理を握った時みたいになっているのです。
夏に限って言うと、私が良く触るようなものはベチョッとしています。

一例をだすと、スマートフォンは常にベチョッっとした手触りなのです。
指をタオルで拭いてから携帯電話を使うようにしているのですけど、長時間操作していた場合いつの間にか指汗をかいてしまいスマホが汚れるのです。

しかも、お財布についても帰宅してから水拭きしなくてはならない位ベタっとしているのです。
友だちに話してみたら「気にし過ぎじゃない?」と言われたのですが、実際に使った後の携帯電話に触れて見て貰ったら悩みが分かってもらえたのです。

汗で困っている事の中に、汗臭があると思います。
皆さまは、自分の汗の臭いを知っていますか?自分自身のニオイって、自分で感じる事は出来ませんよね。
薄着になる季節になると、傍にいる仕事の同僚から、腋臭の臭いが臭ってくるのです。

お酢みたいな、鼻をつくような、不愉快な臭いがしてきます。
そのニオイも、ご本人は分かっていないんだろうなと思うのです。
そんなわたしも、自分の臭いなんて感じられません。

ひょっとして腋臭を発しているかもって考えたら、恐怖です。
知人も注意もできないでしょうから、不安です。
制汗スプレーや汗拭きシートも売っていますよね。

わたくしはデオドラントスプレーを使用しています。
制汗スプレーで臭わなくなれば安心できますが、確かめる事は出来ません。
においの程度を、測定できる機械があると不安はなくなると思いますが…。

出来る事なら、「何系の臭がするのか」、「消臭方法」などを、合わせて知りたいです。
体質的な問題もあるかもしれないので一言で言う事は出来ないのですが、汗のにおいに気を配る事もマナーではないでしょうか。