月別: 2019年12月

「体臭の定義」はなに?と思ってしまった

朝から晩まで着用していた蒸された履き物を脱ぐと、それはもう嫌な悪臭が鼻につく。
こういうのはよくある「体臭」の一つと言えましょう。

ですが、夏に戸外にいてうっすらと汗をかくと、隣にいる人などにどの位体臭が伝わるんでしょうか。
汗をかいているうちは、自身でもそれ程気にはなりませんが、しばらくするとやはり臭ってきます。
その時に既に近くの人を不快にさせるような匂いをさせてしまっているのなら、すぐにでもニオイケアのスプレーを浴びたくなります。

でも、デオドラント製品は値段が高いので、出来るだけ使用量を減らしたいって気持ちもあります。
これが、いくらか汗を流した程度の臭いでは迷惑に思わない人がほとんどであるならば・・・。
などと思っているうちに「体臭の定義」はなに?と思ってしまったのです。

意味的には「その人の匂い」なのでしょうが、このご時世にお風呂にはいらない人は、ほぼいないと言っていいでしょう。
その時に、「シャンプー」や「石鹸」などを用いる人が殆どでしょう。
ならば、これはもう洗髪料などのニオイであって、体臭って事とは違う気がします。

それとも、シャンプーなどの香り+体自体から発する匂い=体臭なのでしょうか。
などと私自身のくっさーい両足を綺麗にしながら悩む今日この頃です。

様々な体臭があるんですが、本当に気になってしまうのが頭皮の匂いです。
他人ではなくわたくしの頭皮の臭いが気がかりなのです。
特にドライヤーをかけた際に臭います。

自分が行っている対処法はシャンプーする際に頭皮マッサージブラシであたまを強くこすっています。
それをきちんとやった翌日にはドライヤーを使用しても臭ったりしません。
だけど、気になるのでゴシゴシと力みすぎるので皮膚がキズついてしまってそんなにしないほうが良いのではないかと思っています。

ですのでブラシを使うのは週に2・3回です。
ブラシマッサージをしない日は指の頭で入念に洗うようにしています。
けれども、凄く疲れるんですよね。

今気になっているやり方が「湯シャン」です。
お湯だけで頭皮を洗うそうなのですが、続けていくうちに余分な油が出なくなり本当にシャンプーを使わずとも臭わなくなるようなのです。
水道料金もシャンプーで洗髪する場合とそれほど変わらないらしいので一度やってみたいと思いました。

汗が出てくるくらい暑い時期は、指が汗ばむのです。
もちろん額や腕などほかの箇所からも発汗しますが、大変べたついた感があるのは指なのです。
昔は手の指から汗が出ることは基本的にありませんでしたが、年齢を重ねてくると体質も変化するみたいで悩みの種となったのです。

ぽたぽたと流れるまではいきませんが、まさに脂物料理を握った時みたいになっているのです。
夏に限って言うと、私が良く触るようなものはベチョッとしています。

一例をだすと、スマートフォンは常にベチョッっとした手触りなのです。
指をタオルで拭いてから携帯電話を使うようにしているのですけど、長時間操作していた場合いつの間にか指汗をかいてしまいスマホが汚れるのです。

しかも、お財布についても帰宅してから水拭きしなくてはならない位ベタっとしているのです。
友だちに話してみたら「気にし過ぎじゃない?」と言われたのですが、実際に使った後の携帯電話に触れて見て貰ったら悩みが分かってもらえたのです。

汗で困っている事の中に、汗臭があると思います。
皆さまは、自分の汗の臭いを知っていますか?自分自身のニオイって、自分で感じる事は出来ませんよね。
薄着になる季節になると、傍にいる仕事の同僚から、腋臭の臭いが臭ってくるのです。

お酢みたいな、鼻をつくような、不愉快な臭いがしてきます。
そのニオイも、ご本人は分かっていないんだろうなと思うのです。
そんなわたしも、自分の臭いなんて感じられません。

ひょっとして腋臭を発しているかもって考えたら、恐怖です。
知人も注意もできないでしょうから、不安です。
制汗スプレーや汗拭きシートも売っていますよね。

わたくしはデオドラントスプレーを使用しています。
制汗スプレーで臭わなくなれば安心できますが、確かめる事は出来ません。
においの程度を、測定できる機械があると不安はなくなると思いますが…。

出来る事なら、「何系の臭がするのか」、「消臭方法」などを、合わせて知りたいです。
体質的な問題もあるかもしれないので一言で言う事は出来ないのですが、汗のにおいに気を配る事もマナーではないでしょうか。

年を取って親父と同じ様なニオイがするように

最近、オジサンになってきたからなのか、体臭がすると思うようになりました。
昔、親父や会社の人も似たようなニオイがしていました。
年を重ねるとでるのかな?

中年だから体臭が出てきたのか見当が付きません。
スポーツをしたかどうかに関わらず臭うのです。

それまでは運動で臭いのかと勘違いしてました。
シャワーを浴びたとしてもくさいし、普通じゃないですよね。
体臭は、男性の独特の臭いで女性が匂うのとはすこし異なります。

女の人ってフレグランスの臭いなんだけど、男の人は男クサイのです。
理容室で洗髪してもらうとリンスなどの香りが続いていい香りです。
臭いの元というのはいったいなんだろうかと思います。

ボクはこの間まで趣味で剣道をしていたのです。
クサイといってもアセだったのです。
なので洗えば平気と思ってましたので汗くさくはありません。

疑うべきはお酒にもあります。
上司は絶対に原因はお酒にあるだろうと考えていました。
だけど、ボクの方が酒の量は少ないのに体臭があります。
なので、アルコールのせいではないみたいですね。

僕も元上司も父も酒飲みな方なのですが、飲まない人にも臭いがしていて、何でニオイがするのか不明です。
けれども、親父が匂っていたのもアラフィフ位だったので僕も近い年齢になったし、何か関係があるのかわかりません。
体臭って年齢が上がると誰でもあるんでしょうか?

主人は外国人なのですが、毎朝シャワーを浴びてきちんとデオドラントもワキの下につけているのにシャワー後1時間もたてばもうなんとなく夫のにおいが徐々に部屋じゅうに漂ってきてしまうので嫌になってしまいます。
夫のにおいで眉をひそめる場所はまずは頭、そして脇、その次に指や腕、それと足の裏の臭いです。

本当にあらゆるところから臭ってくるので正直な所1日中風呂に入っていてほしいと思います。
そもそも皮脂が多いのかもしれませんが、朝に風呂に入るだけで夜は風呂に入ろうとしてくれないので日中の汗や皮脂がどうしても臭ってくるのですが、特に頭の髪の毛はちょっとベタベタしているし、近づくと汗の匂いがきつくてもうたまったものではありません。

夜もシャワーを浴びてほしいのですが、夜は眠っている時に汗が出てしまうので夜にシャワーを浴びても意味ないといってシャワーをしてくれません。
外国人が誰もがそうだとは全く思わないのでわたしの夫だけだと思いますが、どういうわけか腕まで汗でクサいのでもともとニオイがきつい体質なのでしょう。
歳を重ねるたびにどういう訳か臭いが強くなってきた気がするので何とかしてほしいと思います。

すこしづつ暖かくなり汗ばむ陽気になりますが、暑くなってくると体から発する臭いが気になってくる頃だと思います。
カラダのニオイを防ぐことも暑い季節には必要な事になります。
デオドラント剤を使用して汗を抑えたりニオイを抑制したり、簡素な冷却ボディタオルやフェイスシート等は必須になります。

今は脇などから発生するにおう原因の菌を殺菌してくれるアイテムも増えて来たのでケアさえできればニオイを防ぐことができるようになりました。
ですが自分の体から出るにおいを知らないという人もいるため、周りの人だけが知っているという事も少なくありません。
腋臭持ちの人というのは特徴がある臭いなのですぐに気づきます。

ワキガのある人の中で自身が出すニオイを知らない人もいるみたいで、友人などが知らせるべきか迷うケースもあるみたいです。
ワキガを持っている人は原因が体質や遺伝だなんて言われていますが、治そうという意欲とケア次第で多少のニオイを防げるのです。

汗かきな方は汗対策を生活習慣の乱れやすい人は正す方向に、意欲によっては良くなると思うので周囲の人はその方に指摘できる勇気を持つことが大事だと思います。

私は学生時代からアセと腋臭のことに悩まされています。
毎日、臭いとのバトルで、周りのみんなにばれないか心配です。
体質だと思うのですが、運動などしてないのにいつでも汗をかいているため、その都度、ワキが匂うのです。

おそらく、周囲の人も、私自身のワキのニオイに気付いているはずです(いわれることはないのですけど)。
自分としては出来るだけ、脇のアセとか汗臭を知られないように、脇汗用シートをつけたり、化粧室で1日に4回ほど制汗スプレーをしています。
自分の身体にマッチするデオドラント製品を追及しているのですけど、納得がいくくらいニオイを無くしてくれる制汗剤に出会えなくて、自分の体質に嫌気がさします。

長年の、臭いとのバトルがしんどくなってきたので、先日、恥ずかしかったけど、ボトックス注入治療のカウンセリングを受けたのです。
約半年効果が持続する事や、腋臭で悩んでいる方が多数いるため保険適応になった事で、安くなった事を教えてもらいました。
そこまで悩んでいるのは、あたしだけではないようで、制汗剤以外でも解決方法を見つけたので、ちょっとホッとしました。
治療するかどうかは決め兼ねていますが、わきがで悩んでいるのが私だけではない事が分かったら、解放された気持ちになりました。

寒い季節でも気になる汗のニオイと汗ジミ

寒い季節を終えたと思ったら次は汗が出る夏がやってきます。
夏になると大学生なら友だちと一緒に旅行を計画したり、家庭のあるサラリーマンならば家族旅行の計画を立てるなど活発な行動をするようになりますよね。
それから、暑い時期ならではのアイスクリームや冷麺など冷たいメニューが美味しいですよね。

だけど気掛かりなのが汗ですよね。
汗でにおうし、Tシャツは汗ジミができで洗っても綺麗にならなかったり。
最も悩ましいのが肌トラブルになります。
毛穴は詰まりいちご鼻になってしまったり、化粧崩れも激しかったり、日に何度も顔は洗えないのでお肌が荒れてしまう事は少なくないと思います。

お顔の肌荒れもそうですが見えない部分の肌荒れってあると思います。
なにかというと汗疹です。
汗疹はなかなか治ってくれません。

暑い時ってどうしても汗はひかないものです。
服の中で汗と熱が籠ってしまいお肌に汗がたまってしまいぶつぶつがずっと残ってしまうのです。
ひどくならないように皮膚科に行ったりドラッグストアにあるあせも用の薬を購入して早く治しましょう。

汗の悩みは誰しも大なり小なりあるのではないでしょうか。
自分自身はずっと手の汗にひどく悩まされていました。
試験の最中右手は絶えず動き続けていて、絶えず答案用紙に回答をかいていく。

また絵をかく画用紙なんかは手が何度も往復する為よれてしまう為不快な匂いを漂わせるのです。
わたしの趣味のシューティングゲームでは操作している手が滑ってしまい繊細な操作ができなく、照準が合わせられないことがたびたび訪れます。
そうです、好きな人の手を握る事も時にはできなくなってしまいます。

こんな感じでしばしば頭を抱えてきた手汗ですが、不思議に感じることがあるのです。
それは手汗の事を気にしていない時は手に汗はかかないという事なのです。
思いだしたりしたらじわじわと掌に汗が滲みでてくる、女子高生が授業中にお腹が鳴りそうなのを抑える時とたぶん同じような事なのでしょう。

手汗に関する治療は現在進歩したもので前ほどハイリスクで高価な物ではない事を知りました。
けれども、手汗を抑える治療も手汗用の制汗剤も毎日使うのは意外と高額になります。
手汗みたいな注目を集めない重要度の小さい悩みも医学が進歩する事で手軽に治療できるようになることを願っています。

自分は幼い頃からよく汗をかく性質でした。
他の人からするとそこまで気にならない程度らしいのですけど、姉が本当にすごい汗かきなんですよね。
汗をかく時期はエアコンがないところには居られないくらいなのです。

一度グレーのタンクトップで部屋の掃除をしているところを見た時に、ビショビショになっていたのです。
お姉さんのそういう姿を見ながら育ってきたため、どうしても周りの目が気になります。
ですから、人との関わり合いに自信が持てません。
汗臭いと思われていないかな、女のくせに汗っかきなんて言われていないかなと心配してしまいます。

昔からのお友だち、親友からはそんなに心配しなくても大丈夫と言われているので、むしろ自分が心配し過ぎているのかなと思うくらいなのです。
多汗症というものは基準になる物差しはありません。
体重のように容易に数値で指し示す事は無理なので、自分のレベルが今どのくらいなのかという事が分からなくて気になってしまいます。

臭ってしまう汗、嫌ですよね…。
私自身は特別感じる為自分自身のはもちろん他人のニオイも不快に感じます。
職業柄温度が高いところで働いているので、防臭にも気を使っているのです。

女性だとわき汗がシャツに滲むのが気になりますよね。
今現在はわき用の汗とりシートという物があるのですごく助かりますが、昔は折り畳んだティッシュペーパーを貼り付けたりしました。
匂いについてですが、一番いい方法は清潔にしておくことではありますが汗と排出される体臭は口にした物で変わると思うのです。

私のお勧めは天花粉になります。
入浴後にカラダにはたくのですが汗が少し収まり臭いもしなくなるのです。
私の知人の中によく汗をかく人がいるのですけど、その人は確実に汗が噴き出しているにも関わらずニオイがないのです。
その人も臭いが出ない性質だって言っていました。

その理由を聞いたらお風呂上がりにベビーパウダーをはたいているって言っていたのです。
汗が気になっている人は結構いるみたいです。
兎に角キレイをキープしましょう。
それから自分の体質に合う消臭対策を見つけてください。

足の臭さ、気になっていませんか?
実は、あたし自身もなんか臭いなと気になっていた時期がありました。
仕事の時も変な匂いがするようになって遂に足のニオイだと思い当たりました。

消臭フットクリームやフットソープなどで消臭を試みましたが、真冬などにパンプスを履いたままでも匂いが出てくるようになってしまいました。
蒸れるのでホントは靴を脱ぎたい、だけど、足裏を晒したりしたら、より一層足臭が拡散されてしまうと働いている時でも足のにおいのことばかり考えるようになりました。

それで作業効率もがた落ち、人にも相談できず足が臭うって事だけでどん底に突き落とされたような気持ちでした。
そんな時、何の気なく仕事靴をいっぱい買って帰宅し、翌日から愛用している靴もまじえて数足の靴を日によって替えて楽しむようになりました。
するとあっという間に足のニオイが消えて行ったんです。
え?何が起きたの?って感じでした。

会社用はこの靴と決めていたことが足の臭いの原因だと気付いてからは、仕事場でも履いていった靴は脱いで、社内で過ごすときはナースシューズを履くようにしました。
今では一切足裏の匂いが気に掛かりません。
色んな対策をうっても足元から匂いが発生してしまい、一生治らないかもと困っている方は一度何足か靴を揃えて順番に履いてみるといいと思います(4足もあれば十分です)。

参考:【足汗対策】足裏の汗対策におすすめの制汗剤を教えます
URL:https://www.gardenyaapartotelbodrum.com/