日別: 2019年7月21日

肌のお手入れにはある程度時間をかける

肌が受けるストレスをなるたけ少なくし、肌のお手入れにはある程度時間をかけます。
朝の洗顔の際は日中につっぱらないように、洗顔石鹸を使って洗うのは毛穴の汚れが気になる部分だけにしています。

メイクも厚塗りをせず、自然な感じの化粧にしてクレンジングの時、強く擦る必要がないような化粧にしています。
夜は帰宅したら速攻でメイクを落とします。
肌にマイルドでよく落ちるクレンジング剤を使用して、肌に余計な圧をかけないようにしています。

毎日湯船に浸かり新陳代謝を上げています。
そして、お風呂に入る時に化粧水を塗ってお顔の乾燥を防ぐようにしています。
湯気で加湿器の効果と同じになるのでローションがグングン入ていくのを感じます。

スキンキア用品は季節に対応したものを使い分けています。
夏季はホワイトニング効果のあるもの、冬場はしっかりと保湿してくれるものを使っています。

お肌にしっかりと浸透するように手でそっと押さえたり手をパッと放すのではなくしばらく顔を覆ったままにしているとモチモチの肌になるのでたっぷり時間を使ってお肌のケアをしています。
こうやって書くととても手間のように感じますが、要領をつかめばぜんぜん平気です。

手間ひまかけた分だけ肌の状態が改善されるのがわかるのでやりがいがあります。
何年後も若々しくいたいので時間がかかっても頑張りたいです。

夜遅くまで起きているのは美容によくないとよく耳にしますが、これは事実です。
睡眠が十分でないと肌にもよくないし、体によい生活を送るためにも良いこととは言えません。

現実に、十分睡眠時間をとった時と睡眠不足だった時では、お肌にも悪いですがお顔の浮腫みが気になると思います。
お顔が調子よくないのもありますし、遅くまで起きていて眠くてハリの無い顔つきになってしまうのも影響するかもしれません。

しっかり眠れたときと寝不足の時では気分も大きく違います。
気持ちが満たされていると自然と笑顔が増え好感よく見えますし、生活に余裕ができ美容によい事もしっかりとできます。
美容にあてる時間もきちんと取れると思います。

とにかく気持ちの持ち方とも聞きますが、毎日すがすがしい気持ちで過ごすことが綺麗でいる為に大事なことだと思います。

その為の睡眠はただ眠るだけでは意味がありません。
良質な睡眠をとることが大事です。

長時間寝たつもりなのに頭がボーッとしてるではよい睡眠だったとは言えないのです。
ぐっすりとした質の良い睡眠をとる事で、寝起きもスッキリして一日のコンディションが決まると思います。

「顔」や「体」のスキンケア。
個人個人様々な方法で施しているでしょうが、わたしの行っているスキンケアはとても単純で低価格です。

フェイス&ボディの両方に用いているケアグッズは大容量サイズで売っているベーシックなハトムギ配合化粧水と、ニベアクリームの青缶。
そう、これだけです。

お金掛かってないでしょ?ハトムギ配合化粧水も「ニベアクリーム」も両方とも子どもにつけられるくらいお肌に優しいし、ニベア青缶は海外の高いフェイスクリームと成分が酷似しているという話もあるんです。

ですがそれぞれ愛用しているケア用品があるでしょうから、それはともかくとして、わたしが聞いてもらいたいのは「つけるタイミング」。
私の場合お肌のお手入れのルールは「お値段」や「銘柄」云々ではなく、その利用方法にあります。

洗顔のあと、バスタイム後、美容ローションをつけますよね。
殆どの女性は、肌の水気を拭き取ってから保湿ローション等をはたいていると思うのですが、自分は違います。

毎回肌に水気がある状態でローションをつけます。
どうしてかと言うと、濡れたお肌が乾くとき皮フに備わっていた水分も拭き取ってしまうそう。
バスタイム後や顔を湯洗いしたあとは特に水分を取り除いたときがもっとも乾燥するタイミングらしいです。

という事で私の場合お風呂に入っている時にお顔を洗ったら濡れたまま化粧水をのばしてパタパタとやりながら浴槽につかります。
おフロを出た時も拭く前に濡れた体にハトムギローションを多めに使います。
その後髪をタオルで乾かしお顔やカラダはゴシゴシしないように拭いて、ニベアクリームを簡単に塗布します。

こうする事でいつも美肌を維持しています。
是非お試しあれ!