月別: 2019年7月

夏でもシャワーで済ませずに絶対にお湯につかるように

慢性的な冷えがありエネルギー代謝も良くないので、夏でもシャワーで済ませずに絶対にお湯につかるようにしています。
4月~9月頃は40℃、涼しくなってきたら41、2℃の湯温で浸かります。

おフロの中ではゆっくりと息抜きする事にしているので、本を読んだりラジオをきいたりして楽しんでいます。
日中、歩き通しだった日や立ち仕事が多かった日はむくまないようにする為にふくらはぎをもんだり、全身のリンパマッサージをしてストレスがかかった全身をリセットするようにしています。

決まり事の多い美容ケアは無理なので、これといっておフロに浸かる時間は決めてはいないのですが、大抵無意識に25分くらいは入っています。
前まではシャワー浴でしたが、毎日毎日おフロにはいるようにしたら二の腕や肩らへんの血行も良くなってきたし、基礎代謝も高まったのか汗が流れ出るようになってきました。

誰にでも出来るとても楽な美容術ですが、湯船に浸かるという事は女の人にとって本当に大事なんだなと痛感しています。

ところによりカサつきが出るのですが、そのような潤いが足りない所が常日頃からなくなるようにマメにケアをするように心掛けています。
朝晩の洗顔のあとが最もカサカサしてしまうので、このタイミングに十分に何回もクリームをぬりこんでは保湿を心掛けています。

大人ニキビができてしまう原因も肌トラブルや「シワ」が目立つようになるのも、お肌の乾燥状態を放っておいたことにより起こっていると実感しているので、カサカサしないようにスキンケアすることがやはりとてもポイントになることだと感じています。

素肌にはモイスチュアローションをうんと使ってあげて水分を補ってから、肌に合ったクリームで潤いを逃がさないようにするというケアがとってもゴワつくお肌には有効性があるのです。
保湿が維持されていると素肌自体にハリ感がでてきて、艶やかな感じも継続されるので、結果的に保湿ケアは不可欠なのですよ。

ことに乾燥肌が加速する冬季には、高保湿のマスクで念入りに保湿ケアすることも重要です!とにもかくにも、水分不足の状態が続かなければ続かないほど、スキントラブルが少なくなるので、頑張って取り組んで行くことがやっぱり良い効果が得られると思っています。

年齢が上がるにつれて腹周りや腰回りの下半身、そして背中にまで無駄なお肉がつきやすくなったと身にしみて思います。
更には衰える気配を見せずに増えてゆく体重。

これじゃあ老けて見えるだけですよね。
そこであたしが若返り美容の為に一番気をつかっていることは「脂肪をつけない、体形をキープする」です。

これって意外と簡単のようでそうでもないんです。
女性にとって体形が崩れてしまう原因はやっぱり出産後です。
出産時に緩んだ骨盤をしっかり戻さないと、スタイルがくずれてしまいます。

だから、自分は出産してすぐ骨盤ベルトを付けることと骨盤矯正に行ったり、その他にも自分でストレッチや軽い運動を取り入れることを徹底しました。
そしたら、出産してもさほど体重の変動とスタイルの崩れはありませんでした。

それでもやはり出産前よりは体のラインが崩れたなあとたびたび感じています。
今後も今まで以上に頑張らないと体型維持は難しいと感じます。
地道に努力を続けて、これからも美容に対してきちんと管理していきたいと考えています。

寝不足というのは美容にも健康にも良いことではない

単純ですが、美容のために努力している事は寝る時間をしっかりととる事です。
三十歳までは高価な基礎化粧品をそろえて使用したりと色々な方法を試してきました。

でも、想像を超えた肌への効果という物は実感できませんでした。
生活習慣も変わり、三十歳を超えると育児と家事で忙しく、自分の趣味や友人との交友もちょっとした時間を見つけては満喫してきました。
その結果夜遅くに寝るようになって疲労感が残っているのに朝を迎えてしまうのです。

日を追うごとに、肌だけではなく、指の皮も剥けて、乾燥がひどくなってきました。
皮膚科に行って塗り薬が必要不可欠になったのです。

半年ほどそのような生活をしていたのですが、ある時たった2日で肌や指の症状がなくなったのです。
それというのは、お肌の再生タイムと言われる22時から24時の時間に、質の良い睡眠をとると美肌が手に入るとテレビで放送されていました。

寝ている時の細胞の修復は、肌細胞の修復が一番最後にされるようで、眠りにつくときは体温を下げておかなければならないようです。
実際、入浴した後1時間ほど経った後のほてりがひいた時点で横になって、布団に入ったら脳への刺激を防ぐ為にスマートフォンは触りません。

これまでの間手放すことが出来なかった薬の事を忘れてしまうほど、肌のくすみがなくなり、ひび割れやあかぎれも治りました。
眠るという事は特別な事じゃないです。
ですが、寝不足というのは美容にも健康にも良いことではないのだと改めて感じています。

私はこれまで色素沈着に気を遣っていました。
ですから、年間を通して紫外線予防に特化したスキンケアを行っており、その効果でしみなどもなく肌の状態は好調だと思っていました。

それが、30歳のころから頬を中心に赤い部分が増えてきて「何となくおかしい」と気づいて肌チェックをしてもらったら、肌の水分量が減っていることが判明しました。
いつも水分と油分をチェックしてもらっていましたが決まって油分量が少し少ないという結果だったのであんまり深く考えていなかったことがいけなかったのだと思います。

それからは肌ケアの一番終わりに保湿効果の高いクリームを毎回塗るようにしています。
これまで夏になるとクリームはつけないでいたのですが、しっかり塗るようになってからはほっぺの赤みも消えて、潤いが保たれているためか肌の色が明るくなって、毛穴もハリが出たことで目に留まらなくなってきたのが見てわかります。

保湿をしっかりするだけでここまで良い状態になるとは想像していませんでした。
化粧のりも以前よりよくなって、以前よりももっと化粧をする喜びを感じています。
肌の水分と皮脂の関わりは両方がバランス良く保たれていないと駄目なのだな、とつくづく感じているところです。

つまるところ、「ステキ女子」の特徴は、「美肌」だと考えられます。
自分は働き始めてから人生で初めての恋人ができました。

そんな訳で、より女に磨きをかけようと考えた折に、お肌のお手入れをもっと真面目にしようって思ったんです。
それで始めたのが、顔のパックだったのです。

これまで美容パックなんてやった事がなくって、どのような成果を得られるのかもわかりませんでした。
ですが現実に利用してみるとビックリ仰天!十分に潤って、見るからに弾力のある素肌に変わりました。

あと、化粧のノリもよくなりました。
その後も顔パックでのケアを習慣にしています。

また、いつものフェイスウォッシュや洗顔後の化粧水と乳液も必ず施しています。
素肌の調子が良くなった事を、交際相手だけに限らず、家族や会社の人等も目に止めてくれました。

前から顔は洗ってましたが、パックをプラスするだけでこうまで違ってくるのかと感動しました。
綺麗な肌を目指すには、顔パックが欠かせません。
日々の洗顔にも注意して、コンスタントにフェイスパックをする事で、健康的な素肌を維持していきたいです。

【参考サイト】ビューティーオープナーのお試し通販!初回65%OFFの1980円
【URL】https://www.tabletwholesaledistributor.com/

肌のお手入れにはある程度時間をかける

肌が受けるストレスをなるたけ少なくし、肌のお手入れにはある程度時間をかけます。
朝の洗顔の際は日中につっぱらないように、洗顔石鹸を使って洗うのは毛穴の汚れが気になる部分だけにしています。

メイクも厚塗りをせず、自然な感じの化粧にしてクレンジングの時、強く擦る必要がないような化粧にしています。
夜は帰宅したら速攻でメイクを落とします。
肌にマイルドでよく落ちるクレンジング剤を使用して、肌に余計な圧をかけないようにしています。

毎日湯船に浸かり新陳代謝を上げています。
そして、お風呂に入る時に化粧水を塗ってお顔の乾燥を防ぐようにしています。
湯気で加湿器の効果と同じになるのでローションがグングン入ていくのを感じます。

スキンキア用品は季節に対応したものを使い分けています。
夏季はホワイトニング効果のあるもの、冬場はしっかりと保湿してくれるものを使っています。

お肌にしっかりと浸透するように手でそっと押さえたり手をパッと放すのではなくしばらく顔を覆ったままにしているとモチモチの肌になるのでたっぷり時間を使ってお肌のケアをしています。
こうやって書くととても手間のように感じますが、要領をつかめばぜんぜん平気です。

手間ひまかけた分だけ肌の状態が改善されるのがわかるのでやりがいがあります。
何年後も若々しくいたいので時間がかかっても頑張りたいです。

夜遅くまで起きているのは美容によくないとよく耳にしますが、これは事実です。
睡眠が十分でないと肌にもよくないし、体によい生活を送るためにも良いこととは言えません。

現実に、十分睡眠時間をとった時と睡眠不足だった時では、お肌にも悪いですがお顔の浮腫みが気になると思います。
お顔が調子よくないのもありますし、遅くまで起きていて眠くてハリの無い顔つきになってしまうのも影響するかもしれません。

しっかり眠れたときと寝不足の時では気分も大きく違います。
気持ちが満たされていると自然と笑顔が増え好感よく見えますし、生活に余裕ができ美容によい事もしっかりとできます。
美容にあてる時間もきちんと取れると思います。

とにかく気持ちの持ち方とも聞きますが、毎日すがすがしい気持ちで過ごすことが綺麗でいる為に大事なことだと思います。

その為の睡眠はただ眠るだけでは意味がありません。
良質な睡眠をとることが大事です。

長時間寝たつもりなのに頭がボーッとしてるではよい睡眠だったとは言えないのです。
ぐっすりとした質の良い睡眠をとる事で、寝起きもスッキリして一日のコンディションが決まると思います。

「顔」や「体」のスキンケア。
個人個人様々な方法で施しているでしょうが、わたしの行っているスキンケアはとても単純で低価格です。

フェイス&ボディの両方に用いているケアグッズは大容量サイズで売っているベーシックなハトムギ配合化粧水と、ニベアクリームの青缶。
そう、これだけです。

お金掛かってないでしょ?ハトムギ配合化粧水も「ニベアクリーム」も両方とも子どもにつけられるくらいお肌に優しいし、ニベア青缶は海外の高いフェイスクリームと成分が酷似しているという話もあるんです。

ですがそれぞれ愛用しているケア用品があるでしょうから、それはともかくとして、わたしが聞いてもらいたいのは「つけるタイミング」。
私の場合お肌のお手入れのルールは「お値段」や「銘柄」云々ではなく、その利用方法にあります。

洗顔のあと、バスタイム後、美容ローションをつけますよね。
殆どの女性は、肌の水気を拭き取ってから保湿ローション等をはたいていると思うのですが、自分は違います。

毎回肌に水気がある状態でローションをつけます。
どうしてかと言うと、濡れたお肌が乾くとき皮フに備わっていた水分も拭き取ってしまうそう。
バスタイム後や顔を湯洗いしたあとは特に水分を取り除いたときがもっとも乾燥するタイミングらしいです。

という事で私の場合お風呂に入っている時にお顔を洗ったら濡れたまま化粧水をのばしてパタパタとやりながら浴槽につかります。
おフロを出た時も拭く前に濡れた体にハトムギローションを多めに使います。
その後髪をタオルで乾かしお顔やカラダはゴシゴシしないように拭いて、ニベアクリームを簡単に塗布します。

こうする事でいつも美肌を維持しています。
是非お試しあれ!

食生活は「栄養バランス」がポイント

美容に良い食品やなんかがよく話題になっているけれどワタシはその影響を受けたりしません。
色々な食品を摂取した方がいいはずですし、なによりどれ程美容に良いと言われている物でも同じ物ばかり摂っていたら体調にも問題が出てくるでしょう。

健康美容に効果的だとされる食材は「食べないよりかは食べたほうが健康効果がありますよ」というくらいのことなんです。
朝から晩までそういうのだけ摂取していれば健康になるとか美肌になるなんて考えるのは大間違いです。
そんなスーパー食材があったら嬉しいですがどんだけ時代が流れてもそういった食材は出てこないでしょう。

食生活は「栄養バランス」がポイントです。
栄養が偏っていると体にも悪影響があります。
栄養が偏らないように色んな食材を使い、話題になっている物はチャンスがあれば少しだけ摂取しています。

飽きるほど食べなくてもいいのです。
もう少しすればまた違う健康美容に効果的な食品がブームになります。
こういった流れにのみ込まれないことが大事だと思っています。

美容に影響を及ぼす事というと、やっぱり乾燥ですよね。
冬の季節はとくにお肌が乾燥しがちです。
お肌が乾燥することによって、しみやしわを引き起こす原因になります。

冬の時期は喉の渇きはあんまりないのですが、知らず知らずのうちに体内の水分量は減少していきます。
進んで水分を補うようにしています。
単に、補給するだけではなく、加湿するように心がけています。

カラダの中をケアするだけでなく、加湿やスキンケアといった外からのケアも必要だと思います。
体内の水分が増えると腸の中も良くなってくるので、便秘になりにくいので美容に繋がるのです。
水分を溜めて、要らない物を貯めないからだが理想的です。

それに、食事においても気を使うようにしています。
補った水分は肌の基本ができていないと、外に出ていってしまうのです。
水分量を保持する為に角質層を整えておく必要があります。

コラーゲンが豊かな牛スジや軟骨を食べたり、セラミド成分を豊富に含んだ食品を意識して摂っています。
他には、せっかく貯めた水分を出してしまうコーヒーなどは飲まないようにしています。

ネットなどに載っている末端のお手入れについて、貴方はどのように捉えていますか?

自分としては爪のお手入れのことかなというイメージだったんですが、ネイルケアだけでなく頭髪も末端をお手入れするのが普通のようです。
本当に「毛先」は広がりやすいですが、ちゃんとお手入れすれば女性らしさがアップするイメージもあります。
そんな訳で、薬用ハンドクリームと美容ヘアオイルを利用して、末端のお手入れを試すことにしました。

先ず、「シャンプー&トリートメント」を行ったあと、引き続き髪に天然ヘアオイルを浸透させます。
手で挟み込むように毛先部分まで丁寧に押し込むようにすると、毛髪がもつれたりゴワゴワになる事もないですよ。
3、4分くらいおいてからチャチャっと洗い流すのが大切な点で若干毛の先にしっとり感を残しておく方が広がりにくくなります。

お次はハンド&ネイルクリームで爪のケアです。
傷みやすい爪をハンド&ネイルクリームで潤わせて、爪上皮もできるだけ処理しつつ、十分潤ったらスキンケア用手袋で浸透率を高めます。
これが十数分で済みますので、時間的余裕がなくても指先の末端のお手入れは実行しやすいです。

両方の末端ケアを行っても数十分で終了するので、ことのほか末端ケアは手早くパパッとやれるんだなぁと思いました。
末端ケアを習慣化してワンランク上の美を手に入れましょう。