日別: 2017年10月23日

顔の肉のたるみとアゴ下のもたつき問題

20代を終えて顔の肉のたるみとアゴ下のもたつき問題になってきました。太ったら元に戻るのは大変で、加齢による基礎代謝の量が減りがその理由だと睨んでいます。
これじゃあダメだと休日にはエクササイズウォーキングを行うようにしていますが、腹、腰あたりの贅肉は若干改善が見られたものの顔のお肉は減少する様子は見られません。お顔にタプタプ感があると老け顔になるし、シュっとしていない顔はとてもデブに見えます。

どうにか解決したくってネットでチェックしてみたら、顔の筋トレ・老廃物を流すマッサージ・「冷却」、の三個で「顔のたるみ」が消えるみたいなんで只今やっているところです。

顔の筋トレは、ほっぺに空気を入れる・首を上下左右に動かす等の運動です。実際にやってみると首筋がパキパキなって、筋肉が固まっている事を思い知らされました。リンパ流しマッサージは、入浴後にこめかみから首そして鎖骨を掌で促していくというもの。
私の場合はもっぱらアゴのタプタプのところを流しています。終了後は仕上げに保冷剤で首筋をひやしてあげます。こうすることで滞りなく流れていくそうです。

未だ開始して1週間ですが、すこしフェイスラインがダルダルが取れて来た感じです。ちゃんと効果が出るまでこれからもやり続けるつもりでいます。

あたしが美容面において注意しているポイントは便秘にならないようにすることです。外ゴハンばっかりになったり、野菜不足のときなんかは快便でなくなり引き続き肌にすぐに吹き出物ができるので食事に気を配っています。繊維質たっぷりな野菜類のお料理を忘れずに一品作ります。

また、野菜サラダ等の他にいっぺんに量が摂れるゆで野菜も結構食べます。それ以外にも腸内環境を良くするためにプレーンのヨーグルトを日頃から摂り入れています。
でも家で食事が出来てないときはベジタブルドリンクにヨーグルトの飲み物を半分の割合で注ぎ入れて朝の食事の際に摂取しています。
前はお野菜の飲み物はお手製だったのですが、電気ジューサーを毎度洗うのも手間が掛かっていたので買った物でよしとしています。

あと乾燥肌にならないように秋季から春季にわたり低湿度にならないように心掛けています。空気中の水分量が50、60%くらいに保持できるように心掛けています。
また、空気がカラカラになるとノドもいがらっぽくなるので白湯を飲むようにしています。低湿度だと肌が荒れて色素の沈着やしわのキッカケになるので気を使っています。